« 山小屋通信(6/11) | トップページ | ソーチェンの交換 »

2011年6月12日 (日)

山小屋通信(6/12)

空模様は決して安心できる状態ではないが、気象レーダーをみると昼過ぎまで位は保ちそうな塩梅。

昨夜、温泉でお向かいさんから「薪割り斧を貸して欲しい」と頼まれていたので、快く貸し出ししたところ、ふと見ると妙な使い方をしている。丸太を玉切りしたいようなのだが、電動マルノコで切れ目を入れて薪割り斧で叩き折るって感じ。
「ちょっと、その使い方は無いだろう」と内心思いつつも、今日の作業が「使い道を失ったアカマツ丸太の処理」だったので、先週に凍結処置を解除したHusk333に給油して、お向かいさんに乱入し(笑)、有無を言わせずに丸太を玉切りする。
いやね、薪割りに使うと思ったから薪割り斧を貸した訳で、丸太を玉切りしたいのなら、チェンソーを貸したりとか今回の様に実作業を手伝って上げますがな。それに、あの用途に使うなら薪割り斧よりも、ナカトミHLS2の方が合ってたと思うし。

お向かいでの玉切りを済ませて、アカマツ丸太を切り刻む。本来は夏場の焚火用に手当てしたものだけど、その直後に腰を痛めて四年放置なので、割れないのよね。なのでペール缶に入る大きさに刻むだけ。
Husk333の燃料タンクが小さいとはいえ、一日で3Sortyは久々だな。


|

« 山小屋通信(6/11) | トップページ | ソーチェンの交換 »

コメント

 用途外使用や不適切な使用は壊されたりケガをされたりとろくな事はないですからね。
私も薪割りがしたいけど割った後の保管場所がないのでもう暫く辛抱です。目の前に原木の山があるんですけどね。

投稿: もと | 2011年6月13日 (月) 07時20分

もとさん、こんばんは

実作業をされている人は、それなりのスキルがある人だったので、事故の可能性は然程の心配はなかったです。
素直に「チェンソー貸して」って言えば良いのに、って話しなんですよね。

投稿: 飛魔人 | 2011年6月14日 (火) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/51928953

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(6/12):

« 山小屋通信(6/11) | トップページ | ソーチェンの交換 »