« 山小屋通信(6/26) | トップページ | 山小屋通信(7/2) »

2011年6月29日 (水)

クマとの遭遇

土曜日(6月25日)の夕立あがりにアマゴの様子を確認しようと、林道奥の小さな橋へと向かった。
橋に着き、そこから沢を覗き込もうと欄干に近づいたところ、前方の林道を真っ黒な獣が横切っているのが目に入った。

「おや?」と目をこらしてみると、その真っ黒な獣はツキノワグマ。
こちらの存在を知ってか知らずか、悠々と道路を横切り左手の薮へと姿を消していった。

Cimg3174

翌日に遭遇地点を調査。
奴は画面右手から林道を横切り、矢印の辺りで薮へと姿を消した。
道路の幅員が4m程度(乗用車でなんとか離合が可能)なので、体長は1mくらいかな。

矢印の位置へ移動し、ここを中心に痕跡を探ってみる事にする
結論から言えば、痕跡を見つけることはできなかった。
しかし、ひとつの仮説をたてる痕跡を見付けた。


Cimg3178

やつが出現した側の路肩。枝先を齧られたヤマウド。
このヤマウドを中心に前後1m程、同様に枝先をかじられた植物があったが、2mも離れるとまったく齧られていない。
この位置で道路の反対側へ振り向くと、二ヶ所ほど薮が薄い場所が有りぽっかりと、まるでトンネルの様になっていた。
この事をもって「クマの食痕である」と、短兵急に結論着けるつもりはさらさらない。何故なら草を食べるのはクマの他にもウサギやシカ・カモシカもいる。
ただ、所謂「獣道」の可能性は高いのではなかろうかと言うのが、考えついた仮説。

こういう事を考えて遊ぶのも、山小屋通いの楽しみの一つ。

|

« 山小屋通信(6/26) | トップページ | 山小屋通信(7/2) »

コメント

お久しぶり!!
「父の日」のあたりに誕生日を迎えた私めに 我が殿は
「、、、古皮ロッパ、、、」、、、ボソっと。
「なぬっ、、、?」
そう言えば昔そんな喜劇俳優がおったなあ、、、
数秒してから「言えてる〜っ」
しわしわ古皮の68歳じゃあ。

そっち暑くなってるみたいですねえ。
こっちは反対に雨が多く春のまま、、、
いつまでも若葉新芽の状態で熊はそれを食べてるのかな?
いつもより住宅街での目撃は報道されません。
しかし果実の付きが悪いので秋に出没殺到かもと心配してます。
それより昨今、スカンクが多くなってます。
臭〜い、、、スプレーされた犬や猫、きちがいみたいになるらしい
やられた人間もいて火傷みたいに感じたとか、、

投稿: 草刈マッサオの妻 | 2011年7月 1日 (金) 00時46分

草妻さん、こんばんは

お誕生日を迎えられたのですね。おめでとうございます。

ツキノッワグマに関しては、かなり草食性が強い雑食なので、春山菜もかなり食べているようです。
ただ、私が見付けた食痕はシカかカモシカのものだと思いますが、ちょっと不思議な食べ方をしていました。

スカンクですか?話には聞いていますが、体験したくはないですねぇ。
昔、猟師もしていたジサマから聞いた話では、タヌキの「最後っ屁」もなかなかのものだとか。

投稿: 飛魔人 | 2011年7月 7日 (木) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/52079434

この記事へのトラックバック一覧です: クマとの遭遇:

« 山小屋通信(6/26) | トップページ | 山小屋通信(7/2) »