« 山小屋通信(7/23) | トップページ | 雉の雛 »

2011年7月24日 (日)

山小屋通信(7/24)

明け方に寒くて目が覚めたほど。空模様は曇りがちでちょっと俄雨の心配有り。

作業はここ最近の定番である、林道沿いの草刈り。先々週に刈ったところが良い具合に草が沈み込んで来たので、地際までナイロン・カッターで刈り込んでいく。
2005年の舗装工事の際に、土を入れた所は随分と良い感じになって来たな。来年からは早めに刈ってやるようにすれば、ナイロンカッターだけで対応できるだろうし、選択的に刈る事もできるだろう。
問題は熊笹が覆っていた切り土の部分だなぁ。こっちは笹が切株状にかなり残っているので、まだまだチップソーで刈り込んで行く必要がある。まぁ、その為もあって刈払機を買い足したんだけどね。

ところで来週には別荘地総出での草刈りがある。うちも当然の事ながら参加するので、「来週に草刈りするんだから、わざわざ今週にやらなくても」な意見があるのだが、それはもっともなんだけどでも刈払機を使った事すら無い烏合の衆が二時間かそこらでどれだけ出来るかという、根本的な問題があるわけだ。
もちろん「俺は草刈りのプロだ」なんて言う気はさらさら無いが、当日の負担を少しでも減らしておけば楽になるじゃんねぇ。で、私にはそれをこなせるスキルがあるからやっているだけ。
それと「草刈り」っていうのは、グランドデザインをもって行うべき、非常にくりえいてぃぶな作業だと思っている。草を刈った後にどんな植物が生えて来て、どんな花を咲かせてといった事まで考えてやるから楽しい作業なんだ。なのでこの「楽しさ」は私だけで独り占めしたいのだよ、他人に気付かせるなんて絶対に嫌だ。(笑)


|

« 山小屋通信(7/23) | トップページ | 雉の雛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/52307904

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(7/24):

« 山小屋通信(7/23) | トップページ | 雉の雛 »