« 山小屋通信(8/15) | トップページ | 地でぢが映らん »

2011年8月20日 (土)

二正面作戦

崩壊したパソコン部屋のクローゼット棚。いい加減に「見なかった事にする」状態を続ける訳にもいかず、思い切ってこの週末に修理を決意し、山小屋行きはお休み。
したら木曜日に知人が「アンテナ工事、土曜日にするからなぁ」って、なんでバッティングする。
まざ、幸いにも暑さは昨日から一段落したので、熱中症の心配はしなくて済むのは幸いなんだが。

朝は平日の一時間遅れで起床。朝食の「卵ぶっかけ飯」を掻き込みながら、TwitterのTLを消化していくが、全国的に涼しい所為か、異様に発言が流れて来てきりがない。なので1200時頃から状況開始。
まずは、崩壊した棚から落下した衣類やらなんやらを、リビングに仮置きして行く。廃棄処分した方が良いものがごろごろしてるなぁ。
衣類掛け用の棒を発掘して長さを測る。ここで痛恨のミスをしていたのだが、まぁったく気付かなかった。orz
駐車場で棚板を切断。この時、小雨が降り出すがなんとか本降り前に作業を終える。で、クローゼットに運び込んで合わせて見たら、60mm程短いじゃぁ~ありませんか。巾木の厚み分を考慮し忘れてたぁ。(泣)
しゃぁ~無いので、204材でゲタを噛ませて対応する。なぁ~に、ちょっと見には目立たないから大丈夫だよ~ん。(ほんとか?)

この頃になって、知人が「こんちゃぁ~」とやって来て、アンテナ工事にシフト。工事の経験は無いけど、アンテナ・メーカーに勤務した経験もあるし、「なんちゃって」レベルでも「電話級アマチュア無線技士」持っているんで、設置場所について打ち合わせて、作業開始。
ここで、約一名が知ったかぶったかで会話にしゃしゃり出て来るので、一喝する。「素人が口出すな」とは言わないが、半可通で知ったかぶったかするのは、不動産屋のチンピラ女と五十歩百歩だということに何故、気がつかない。
邪魔者が居なくなった事でサクサクと作業は進み、仮設置したアンテナで受像確認。GL+4100だとLow Chnnele系以外は壊滅状態。アンテナの向きを調整するも、殆ど改善されず。
ここでアンテナを少し(500mm程)持ち上げてみると、全チャンネルが受信可能に。1800mmのマストから物干し竿をマストに転用すると、全てのチャンネルで受信状況が改善。但し、知人は「格好良く無い」といたく不満であるが、私が「馬鹿と煙とアンテナは、高いところが好きって言うだろ」と押し切る。(笑)
この後は配線の処理作業なので、私は棚修理に戻る。

雨が降り出す前にカットしておいた棚板を固定し、衣類を吊る止まり木を固定して修理完了。移動しておいた荷物や衣類をクローゼットに戻してようやく格好がついたよ。
知人によればこのタイプの棚は、見かけは良いが必ず落ちるそうで、大手ハウスメーカーでのクレーム件数No1なんだそうな。確かに衣類の重量って馬鹿にならない上に、うちのは差し渡し2400mmあるので、まん中を柱などで支えておかいないと棚板が撓んで落下もするわなぁ。


|

« 山小屋通信(8/15) | トップページ | 地でぢが映らん »

コメント

小雨の中アンテナ工事に来てくれたので、「雨の中申し訳ないけどお願いします」と挨拶しただけなのに、何が悪いのでしょうか?

投稿: よしこ | 2011年8月23日 (火) 09時20分

>挨拶しただけなのに

挨拶だけなら、後にくっついて動き回る必要はないよね。
いつも言ってるけど。「今、それをしなければいけないの?」って事です。

投稿: 飛魔人 | 2011年8月25日 (木) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/52526126

この記事へのトラックバック一覧です: 二正面作戦:

« 山小屋通信(8/15) | トップページ | 地でぢが映らん »