« 山小屋通信(10/29) | トップページ | 山小屋通信(11/03) »

2011年10月30日 (日)

山小屋通信(10/30)

昨日までの好天から一気に曇り空。予報は曇りだが午後に雨。

先月の台風15号による風倒木、早く回収しないとってえ事で、キューシキにチェンソーを積んで出発。
まずはヤハズ峠を抜ける村道沿いへ向かう。

風倒木は場所にも寄るのだけれど、この辺りでは「道路の通行に支障無し」レベルで処理されるので、道路上に倒れた部分のみを、チェンソーで切断して路肩に投棄というのが基本。
大概は成人が一人で引き摺っていける程度に切り刻んであるが、小枝払いをしてある訳では無いので、回収には小枝払いも同時に行わないと引き摺り上げる事が出来ないケースも多々有る。
でまぁ、小切ったり枝払いしながら回収する訳だが、ここでアクシデントが発生。
枝払いをしようとした瞬間に、下生えのクマザサが跳ねて右目に当った。それ事態は大した被害では無いが、コンタクトレンズが外れて飛んで行ってしまったのだ。
大凡十分程を、落としたコンタクトの捜索に当てたのだが、笹薮の中では視界も限られ尚且つ、外れたコンタクトの軌跡が不明では、捜索範囲を限定する事も出来ず、コンタクトの回収は諦めるしか無かった。
まぁ、定額制サービスに加入しているので最低でも年に一回の交換は、月額会費で賄えるしな。規定回数以上だと確か幾許かの費用負担が発生するが、それも然程の額ではなかったはず。

とまぁ、片目運転で三本の風倒木を回収し、四本めへ向かおうとしたところで雨が降り出した。
時間もお昼時を過ぎており、山小屋へ戻るには良いタイミングであろう。
雨脚そのものはさして強く無く、短時間であれば傘もささなくても良い程度だが、道具が濡れるとあとの始末が大変なので、小雨でも活動が制限されるのが痛い。

結局、降り出した雨は止む気配を見せず、早めの撤収となった。
この雨での成長を見込んでいた第一ホダ場のナメコは、期待を裏切らずに大きくなっていた。
スーパーで売られている菌床栽培のナメコは「子実体」と呼ばれる、「キノコの赤ちゃん」であるが、原木で栽培するとその赤ちゃんがヘビー級になるのが面白いところ。
あと、収穫が遅れて傘が開いてしまっても、シイタケと異なり風味の落ち込みが少なく、蟲も付き難いってのも週末山暮らしの身にとっては有り難い。

|

« 山小屋通信(10/29) | トップページ | 山小屋通信(11/03) »

コメント

ええええ〜、、、、?
コンタクト レンズが笹の中に、、、?
うううう〜、、、、、私め、、、レンズを下水に、、、
片目なので車の運転はマッサオ殿に頼り切ってます、、、

ほんの一秒、、たかが一秒、、されど一秒、、
改めて 片目のレンズを作ってもらったら??秒かかる??
費用にかかる痛みの恐怖におののいている、、、
人間のメンテもけっこうかかります、、、

投稿: 草刈マッサオの妻 | 2011年11月 6日 (日) 12時46分

草妻さん、こんばんわ

定額制サービス(1980円/月)に加入しているので、紛失でも5250円で新規レンズを手当てできるのですが、検査やら著生やらの手間が面倒ですよね。

投稿: | 2011年11月10日 (木) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/53133190

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(10/30):

« 山小屋通信(10/29) | トップページ | 山小屋通信(11/03) »