« 山小屋通信(12/10) | トップページ | 山小屋通信(12/17) »

2011年12月11日 (日)

山小屋通信(12/11)

目覚めるまでもなく、外は一面の銀世界。
まぁ、良く積もった場所でも1cmあるか無いかなので、日当たりの良いところからどんどんと解けて行く。

作業の準備をして薪狩りへ。
二杯めのヤマへ行くが、ちょっと一人では作業効率が宜しく無い。こういうのは後回しにした方が良いなと、三杯めのヤマへ移動。
ところがここも一筋縄ではいかない様子。正面からアプローチすると、小枝の山をどけるのが意外に手間。
よって裏へ回ってそっちから攻める事にする。ただこちらは、別荘地を抜けなきゃならない訳で、不審人物として通報されかねないリスクあり。幸いな事に今日は別荘に訪れている人は皆無ではあった。

別荘地側からアプローチしてみると、予想通りにお目当てに近づけるのだが、こっちは足元がクマザサに覆われているのが難点。
とりあえずアプローチし易い場所を選んで、チェンソーで玉切りして運び出す。が、やっぱりクマザサに足を取られるなぁ。
搬出だけでなく、玉切り作業にも影響があるので、刈払機で下草を刈った方が効率は良くなるので、来週までの検討事項としておこう。

結局、諸々の作業条件が異なったので、先週程の戦果は上げられなかったのであるが、今日の主戦場になっていた大木が、クヌギかナラである事が判明した。
つうことは何か?これは「来春にはシイタケ植菌せよ」といふ、お告げなのか?(笑)

|

« 山小屋通信(12/10) | トップページ | 山小屋通信(12/17) »

コメント

現場の雰囲気の状況を感じますね~クマザサって足をとられて大変な様子、悪戦奮闘のようですね。飛魔人さんのことだからそれはこれで楽しんでいらっしゃるのでは(笑)

投稿: GYO | 2011年12月15日 (木) 07時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/53462448

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(12/11):

« 山小屋通信(12/10) | トップページ | 山小屋通信(12/17) »