« 山小屋通信(12/18) | トップページ | 山小屋通信(12/25) »

2011年12月24日 (土)

山小屋通信(12/24)

今月に入ってから続けている風倒木の回収作業。
そろそろ本格的な降雪もありそうなので、回収を急ぎたいと刈払機も携えて現場へ行くと、雪が吹き溜まっていて作業に成らない。
こりゃぁ、ここでの回収は打ち止めかなぁ。あまり雪が降らなければ、チャンスはあるかもしれないけど。

手ぶらで帰る訳にもいかないので、売木村方面へ転進して県道46号線へと進む。
ここの売木峠付近で道路の拡幅工事現場に出くわし、伐採木多数を確認。
今日は現場作業が行われていたので、明日に再アプローチだな。

その後、ヤハズ峠経由で平谷へ戻るが、途中のシイタケ原木採取現場をチェック。原木向きの中経木は搬出されて太い幹部分だけが残っているのを確認。
これが回収できれば、かな~りウハウハなんだけどなぁ。春まで待って残っていれば頂く事にしよう。
ここではハンノキ等を数本ゲット。

平谷まで戻って来て「昼飯でも食うかな」と思案していたらふと、「七曲りに行ってみるか」と思いつく。
「七曲り」とは現阿智村道七曲り線で、国道153号線の旧道である。
ここは地質の関係なのか、非常に崩落事故が起こり易く、回収には至らなかったものの、以前にもぶっとい支障木を確認している場所。
行ってみたら案の定、九月の15号台風によると思われる支障木の処理跡があちこちにあった。
台風の直後に来ていれば、ほぼ入れ食い状態だったのは間違い無しだった訳で、あの頃に思い至らなかった事が悔やまれる。

ここでまだ時間もあるので、浪合アメダスの探索を実施。
浪合アメダスは過去、三回程行っているにも関わらず発見に至っていない。
もともと「有るならここだろ」という見当もあったのだが、地図ソフトの誤誘導とかもあったりしたんだよな。
で、今回も空振りになりかけていたんだけど、無事発見する事が出来た。
見付けてみれば、第一回の探索時に50mまで接近していたんじゃん。

雪も舞い始めたので撤収し、治部坂のキッチンストーブで予約しておいたシュトーレンを受けとり、その後は平谷の松の屋さんで、女将入魂のワインセレクトを購入。
ワインについては後日に詳細を記事にする予定だが、まし野ワイナリーのワインとシュトーレンの相性は絶品でございました。<多謝 あっこさん

|

« 山小屋通信(12/18) | トップページ | 山小屋通信(12/25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/53558998

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(12/24):

« 山小屋通信(12/18) | トップページ | 山小屋通信(12/25) »