« ちょっと珍しい雲 | トップページ | 山小屋通信(6/9) »

2012年6月 3日 (日)

山小屋通信(6/3)

お天気はすっきりせず、午後は雨の可能性が高い。
よって、午前中にどこまで刈れるかが勝負。

初号機・弐号機共に、燃料を満タンにして出撃。
弐号機のチップソーで、イタドリ等の固く背が高い草を予め刈り、
その後を初号機のナイロン・コードで刈って行く。

今年で三年めの場所なので、手強いクマザサはかなり後退しており、
ナイロンカッターでもそこそこ刈れる様になってきた。
今年はこの時期から刈っているので、かなり楽だなぁ。
去年・一昨年はチップソーを二枚は消費したものなんだが。

順調に刈り進んでいたら、ポツポツしていた雨粒が、大粒になって来た。
時刻を確認すると、1230時とお昼を過ぎている。
初号機の燃料も空になりかけていたので、午前中はここまでとして山小屋へ撤収。
したら、本格的に雨降りになってしまった。

昼食を取って待つもなかなか雨が止まない。
小降りになってきたなと思うと、雨脚が強くなる。
1530時まで待つこと二時間、やっと雨が止んだ。
初号機に燃料を補給して再度の出撃。
弐号機で刈っていたら、叢にマムシソウを発見。
ここらでは見たことが無かったので珍しいなぁと思ったら。数株が自生していた。
やはり草刈りという人為介入を行うと、植生が変化してくるのだなぁ。
山小屋周辺でも、樹の伐採や草刈りが引き金となって、ササユリが復活したのを二ヶ所で確認している。
うち一ヶ所は十株弱の群落となって復活した。

そうこうする内に、またもや雨が降って来た。
時計は1650時を指しており、初号機の燃料もガス欠寸前なので作業はここまで。


|

« ちょっと珍しい雲 | トップページ | 山小屋通信(6/9) »

コメント

我が家も少し熊笹をやっつけたらマムシグサが二株出て来ました。
笹百合に出て来て欲しいのですが・・・。

ナイロンコードでやれる所までいけばいいのですが、なかなかですね。

投稿: ラーパー | 2012年6月 5日 (火) 08時17分

ラーパーさん、こんばんは

週末限定の山暮しなので、お天気と作業の遣り繰りが面倒です。
が、なんとか時間を工面して、梅雨明けまでに三回は刈ります。
すると三年目位から、ナイロンカッターでも刈れる様になります。

ササユリは混み合った樹も空かしてやらないといけないので、復活はちょっと大変ですよね。

投稿: 飛魔人 | 2012年6月 5日 (火) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/54870835

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(6/3):

« ちょっと珍しい雲 | トップページ | 山小屋通信(6/9) »