« 山小屋通信(5/27) | トップページ | 山小屋通信(6/3) »

2012年6月 1日 (金)

ちょっと珍しい雲

29日の夕方、ちょっと珍しい雲を目撃した。

Ca3b0010


雲底の形が、丸っこい瘤上なのが見て取れる。
これは「乳房雲(ちぶさくも・にゅうぼううん、学術名:Mamma)と言う。
雲の中で複数の乱流が発生し、それらが互いに衝突し合うような状態のときに、雲底に現れる。
この様にはきっきりと視認できるのは、主に積乱雲の雲底である事が多いようだが、低中層の雲に現れるそうなので、気付いていないだけなのかもしれない。
この写真を撮った時も、北の方で積乱雲が大暴れしていった後で、雨上がりであった。

この雲が今回の様に、地上に近い高度で発生している時は、大気の状態が非常に不安定で積乱雲が発生しており、落雷や局地強雨、竜巻の発生が非常に高いので要注意。
それと雲形が非常に禍々しく感じられる事から、「地震雲だ!」と騒ぐ人が多いのだが、地震とは全く関係無いので、大騒ぎして恥じをかかないように注意されたし。

|

« 山小屋通信(5/27) | トップページ | 山小屋通信(6/3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/54854118

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと珍しい雲:

« 山小屋通信(5/27) | トップページ | 山小屋通信(6/3) »