« 山小屋通信(7/1) | トップページ | 山小屋通信(7/7) »

2012年7月 2日 (月)

ササユリ

山小屋周辺でも、ササユリが開花期に入って来た

Cimg3442
周辺での開花一番乗りの株。
土曜日の朝に見た時にはまだ蕾だったが、昼過ぎにはここまで開いて来た。
夕方には雄蘂・雌蕊が顔を覗かせるまでには開いていた。
日曜日が雨でなければ、完全に開花しただろうな。


Cimg3444
先の株と数mの場所の株。
こちらはまだ、開花には至っていないが蕾も色付いているので、今週中には開花すると思う。

この二つの株は林道脇で、割と日当たりが良い場所にある。
2004年に分譲された別荘地の法面で、ササユリが開花する様になったのは、一昨年位から。

Cimg3446
こちらは今年初めて気付いた群落。
山小屋からの帰宅路を国道から林道超えに替えたのは、四年ほど前だったろうか。
その頃にキノコ用原木が伐採されたのがこの場所。
実はこの10m程横にも6株程の群落がある。


上記二例以外にもササユリが復活したケースと、消滅したケースを視ていると有る程度、ササユリに復活に共通する条件が見えて来る。
ざっくりと言うと、「高木の伐採による日照の回復」「草刈りによる異種間競争の抑制」の二点。
もちろん、他にも要因は有るのだろうけど、これまで観察して来た結果から導く事ができる共通項なんだよね。


|

« 山小屋通信(7/1) | トップページ | 山小屋通信(7/7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/55107765

この記事へのトラックバック一覧です: ササユリ:

« 山小屋通信(7/1) | トップページ | 山小屋通信(7/7) »