« 山小屋通信(11/24) | トップページ | 山小屋通信(12/1) »

2012年11月25日 (日)

山小屋通信(11/25)

この秋一番の冷え込みで、最低気温は氷点下6.4度。
山小屋周辺は、霜で銀色に染まっている。
昨日、塗装しておいた材木も霜で真っ白。これが溶けないと作業出来ないぢゃんか。

霜が解けるのを待って、作業開始。まずは門型の組み立てから。
土台に門型を組みつけてみたら、ガーデンシェッドの屋根と干渉しやがる。
干渉分をカットして逃がすなら、新品のランバー下ろさなくても良いじゃんと、暫し逡巡。
手戻りするの嫌なので、思い切って現物合わせで門型の柱をカットする。
梁を取り付け、垂木を組むまでは問題無く進む。
野路板を張り始めて、問題発生。継ぎ目が垂木のピッチと合わないやん!
「なんでやぁ~」と組み合わせを試すと、最初に組んだ時の状況が蘇ってきた。
要は組んでいる内に、資材が足らなくなって継いだんだよな。

ルーフィング(屋根の防水紙)の問題は残るものの、焚付け棚の再建までコンプリート。
薪棚の方に退避しておいた焚付けを、焚付け棚へ移動まで完了。
残すは退避した薪を戻す事で、これは1.5日の作業。正確には2日なんだけどな。
ただ、雪が降り積もるまでに片付けなければならないのが、1.5日分。
あ~、薪狩りに行く時間がとれるか、微妙だぁ~。


|

« 山小屋通信(11/24) | トップページ | 山小屋通信(12/1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/56192080

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(11/25):

« 山小屋通信(11/24) | トップページ | 山小屋通信(12/1) »