« 山小屋通信(1/13) | トップページ | 山小屋通信(1/19) »

2013年1月14日 (月)

山小屋通信(1/14)

未明に降り始めた雪は、朝には10cm程の積雪となった。
0300の時点では気配も無かったが、0500には一面が真っ白に。
ただ気温が3度と高めなので、湿った重い雪だ。

身仕度を整えて最初の仕事は、林道の除雪。
ご近所さん御手製の曳航式除雪アタッチメントをキューシキに取り付け、
林道を三往復する。
しかし湿雪なのでなかなか路肩に雪が寄せられない。乾雪なら楽なんだけどなぁ。
林道600mを除雪した後に、Imprezzaを停めた駐車場の除雪。
スノーダンプを使って空き地に雪を運んで捨てる。
この作業で服はびしょ濡れになっちまった。まぁ、表面が濡れただけなので、
休憩がてら小屋の中で服を乾かす。
この頃から気温が下がり始め、1300頃に日最低気温の氷点下1度を記録。
もしかすると夜半にもっと下がったかもしれないが、撤収後の事は知らん。

キッチンストーブにパンを買いに行ったあと、もう一度林道を除雪しようかと思ったが、
まぁ、後は撤収するだけだからと見送り。もう一泊するなら除雪したんだけどね。
撤収直前に積雪量を確認したら、おおよそ150mmほどとなっていた。

今回の降雪、南岸低気圧の猛発達がもたらしたものだけに、雪質も2月中旬に特徴的な湿雪だ。
山小屋のこの時期の降雪では、強烈な冷え込みで降雪時には氷点下5度以下になる事が多く、
雪質も乾いた軽い雪である事が普通。里でも積雪になる大雪である事が多い。
しかし今回は標高500m以下では、雨か霙というのも二月中旬以後の南岸低気圧での降雪と酷似している。

|

« 山小屋通信(1/13) | トップページ | 山小屋通信(1/19) »

コメント

ちょっと、テスト書込み

投稿: 飛魔人 | 2013年1月17日 (木) 02時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/56551067

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(1/14):

« 山小屋通信(1/13) | トップページ | 山小屋通信(1/19) »