« 山小屋通信(1/19) | トップページ | 山小屋通信(2/2) »

2013年1月20日 (日)

山小屋通信(1/20)

くもひとつない青空が広がる。昨夜の降雪による積雪は数cm程度。
この程度なら雪かきは必要ないが、月曜日の雪がカチンカチンに凍結している。

外へ出た妻が、素っ頓狂な声を上げたので、何事かと覗けば興奮気味に「リスがいた!」という。
昨日、薪割り台の付近にドングリを食べた跡があったので、ノネズミかリスだろうと当りをつけていたが、
BINGO!だったようだ。

身仕度を整えて作業を始める。
とりあえず入り口の傾斜部分と林道に、滑り止め兼融雪剤替りに木灰を散布。
日照があれば塩カルと異なり、融雪水に流され難いので効果が持続する優れもの。
また木灰は繊維状なので氷結部では、砂よりも良い滑り止めになる。

次は薪割り。割り薪が無いと棚積みの隅部分の井桁が組めないので、玉切りの進められない。
先週に玉切っておいた玉を全て割って、まずは天日干し。
何となくだが、冬場は天日干しをすると、薪の乾燥も早い様な気がする。あくまでも”気がする”だけなんだけど。

昼食後に林道を上の別荘地までスノートレッキングをしゃれこむ。
案の定、動物の足跡がいろいろと残っている。
独特な足跡を残すノウサギやノネズミ(アカネズミ・ヒメネズミ)や、ちょっと同定に自信はないけどタヌキとか、
他にはイノシシ?やシカ?と、観察するのはこの時期の愉しみの一つ。
ただ、耳当てを忘れたので、耳が痛くなってくる。

山小屋へ戻り、玉切りをするかゴミ燃やしをするか逡巡していたら、妻から「ゴミ燃やしたら」と言われてまった。
まぁ、この時期は1500時を回ると太陽が尾根に隠れてしまい、急激に気温が下がるので、
屋外作業の限界時間でもある。
それに長靴が蒸れてめっちゃ冷たいのよね。


|

« 山小屋通信(1/19) | トップページ | 山小屋通信(2/2) »

コメント

飛魔人さん。
山小屋でまったりと・・・・過ごしてますな~

投稿: GYO | 2013年1月22日 (火) 07時51分

GYOさん、こんばんは

昨年末に薪棚の修復に追われていたので、冬篭りの準備ができていないんですよ。
そこへ遅れていたけど、遂に積雪しちゃったので、なぁ~んも作業出来ません。
またぁ~りするしかないのです。

投稿: 飛魔人 | 2013年1月28日 (月) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/56588772

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(1/20):

« 山小屋通信(1/19) | トップページ | 山小屋通信(2/2) »