« 山小屋通信(3/17) | トップページ | さよなら、キューシキ (山小屋通信 番外) »

2013年3月24日 (日)

山小屋通信(3/23)

軽トラの車検が近いので、山から軽トラを下ろしてこなければならないが、
日曜日の天気が怪しくて、雨が降ると軽トラには殆ど荷物が積めない。
そこで天気が安定しているうちにと言うことで、日帰りで山小屋へ。

珍しく妻も準備を早く調えたので、昼前に自宅を出発。
久し振りにR363を使って、岩村・上矢作経由で山小屋へ向かう。
上矢作で「福寿草の里」(上矢作町達原)に寄る。
したら、「環境整備協力金」として\300/人を請求された。
いや、金が惜しいんじゃなくて、何回も開花期に来ているのに、
今回初めて徴集されたので、ちと驚いた。
で、考えてみれば「混み合う時期」をいつも避けていたんだよね。

で、福寿草の開花情況はというと、今年は遅いですね。
見頃は恐らく来週でしょう。駐車場の整理していたおっちゃんの話でも、
「今年は遅くて、気を揉んだ」だそうで。
もっとも、こちらは「ここは咲いてるのに、あっちはまだ」な情況の方が好奇心を刺激されるので、
良いタイミングだったですよ。

で、山小屋着は14:30頃。活動可能時間は2時間ほどなので、急いで作業着に着替える。
時間が無いので、道具を広げる作業は得策では無いので、枯れ枝の始末。
今年はの冬は湿った重い雪だったので、木々の枝が折れてあちこちに散らかっている。
これを回収してペール缶で焼却して、今日の作業は終了。


|

« 山小屋通信(3/17) | トップページ | さよなら、キューシキ (山小屋通信 番外) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/57019582

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(3/23):

« 山小屋通信(3/17) | トップページ | さよなら、キューシキ (山小屋通信 番外) »