« 山小屋通信(3/23) | トップページ | 山小屋通信(3/30) »

2013年3月24日 (日)

さよなら、キューシキ (山小屋通信 番外)

今日、キューシキを車検整備の為に、整備工場に入庫した。
不具合箇所を二点、工場長に伝え代車を受け取って帰宅。
すると一時間ほど経った頃に、工場から電話が入る。

「今、後輪のブレーキ周りを開けたんだけど、ブレーキまわり全交換になりそう」
「直せと言われればやるけど、ざっと見積もって20万円くらいになりそう」

電話を受けて頭の中が一瞬、真っ白になった。修理に20万円・・・・
一体、キューシキに何がおきたのか。
いや工場長の話は理解出来ている。ブレーキライニングのパッドが消失し、
ライニング・ベースとドラムが直接接して、ドラムが異常摩耗したのだ。
しかし運転中にその様な異常を感じた憶えは無い。
ここで有る事に思い当たった。
入庫した際に工場長へ、「サイド・ブレーキがまったく効かない」と伝えたのだ。
サイド・ブレーキは後輪ブレーキをワイヤーやロッドで操作して、後輪をロック状態にする。
その後輪のブレーキ・パッドが失われれば、サイド・ブレーキが効かないのも道理。

とりあえず状態を確認しに行くとと伝え、妻を伴って整備工場へ向かった。
整備ピットでリフ・アップされ、後輪ブレーキのドラムを外された状態のキューシキ。
その状態は素人目にも、酷い状態だと言うことが見て取れた。
ドラムの内側は酷く段付摩耗しており、削れた鉄粉がピストンまわりにがっちりと固着している。
左右どちらかだけならまだしも、両方がそんな状態でまぁドラム・ブレーキAssyでの交換は必至な状態。
果にもマフラーも腐食が進行しており、軽トラ用とはいえマフラー交換は結構なお代がかかる。

ここで工場長から提案されたのが、この整備工場で代車に使っている軽トラへ代替えすること。
年式は一年古くなるが、保管・使用状態が良い事や修理にかかる代金と同額で出せると言うことだった。
また仕様もこちらの要求(四駆である事)を満たしているという。
もっともトランス・ミッションがATである点は、ちょっとだけ不満ではあるがエアコンもついている。

正直なところ、キューシキは軽トラの購入を決意してから、散々に探し回った揚げ句に見付けた。
本当に「一会」の縁でうちにやってきた軽トラだ。そう簡単に用廃にできるもんじゃない。
ただ工場長から示された案にも「縁」を感じた。
四年前にも工場長にも相談したのだが、その時には工場長にもタマの当りがつかなかった。
それが今回、あたかもキューシキの不具合を見越したかの様に、整備工場の代車に収まっている。
キューシキを目の前にしながら、そんなこんなを考えながらも妻と相談した結果、キューシキの用廃を決意。

思い出の詰まったクルマを手放すのは初めてじゃないけど、10万kmに達せずに手放すのは初めて。
なので「存分に乗ってやれなかった」感が、寂しさを増すなぁ。


|

« 山小屋通信(3/23) | トップページ | 山小屋通信(3/30) »

コメント

非常に残念な事ではあるが大事な部分の修理に
多額の費用では考え時ですね。
今度の車はキューシキ2号?になるのでしょうか。

先日、私の車もまだ1年半の点検前なのに
ブレーキのセンサーにランプが灯り
あれ?と思って中を開けたら、四輪のうち1つの
ブレーキパッドが異常に減っていたと言う。

ディラー曰く「ドリフトやった?」のサイドブレーキ上げ下げの仕草に
こらこら~そんなテクニックありませんよ
第一、そんな事したらタイヤが真っ先に磨耗してるしと

でも冶部坂高原に行けなくなるからブレーキパッドの
交換をしましたが、先が思いやられる。


投稿: GYO | 2013年3月27日 (水) 07時43分

GYOさんこんばんは。

購入価格の六割近くに達する見積りですからねぇ。
でも代替車が見つからなかったら、修理を選んだかもしれません。

愛称はどうしますかねぇ。
「キューシキ」は2009年制式から「09式」と「旧式」を掛けての愛称さったんです。
なので次の軽トラは「13式」となるので、「ジューゾウ」ですかね。(笑)

ブレーキパッドの摩耗、大事になる前に見つかって良かったですね。
昔、知り合いがパッドの摩耗に気付かずにいて、
ディスクからキャリパー、果てはベアリングまで交換になった事があります。
しかも発覚したのが、旅行に出かける当日の朝というオマケ付でした。


投稿: 飛魔人 | 2013年3月30日 (土) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/57027314

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら、キューシキ (山小屋通信 番外):

« 山小屋通信(3/23) | トップページ | 山小屋通信(3/30) »