« 山小屋通信(4/28) | トップページ | 山小屋通信(5/3) »

2013年4月29日 (月)

山小屋通信(4/29)

今日も雲一つない青空。雨の心配をせずに済むなんて、GWとしては珍しい。
もっとも明け方は霜が下りるほど冷え込んでいたんだけど。

今日はナメコの埴菌作業。
ナメコの栽培にはシイタケと違って、短木断面接種という方法を用いているので、
原木は直径15cm以上の太めの原木を使う。
なので原木置場から、玉切りウマの側まで運んで来るのが一苦労。

原木が二個一組になるように、目印を打った後に玉切り。
切った物も一組ずつ揃えて置いておく。
原木の準備が終ったら埴菌だ。

Cimg3636_2
用意したナメコの種菌。
菌を購入した「振興園」さんでは、早生・中性・晩生の三種が購入出来る。
これらを揃えれば、収穫期を長くする事ができるが、伏せ場の確保や原木の入手だとかの諸事情により実現していない。

Cimg3638_2
埴菌を終えた原木。
詳しい作業内容ばこちらの記事を参照して下さい。
大鋸菌を使った埴菌は、駒菌をつかうより少しだけ手間がかかるもの、菌のまわりが早いという利点がある。
実際、これまでの実績でも、春に埴菌してその年の秋には収穫できているのでお薦めです。

|

« 山小屋通信(4/28) | トップページ | 山小屋通信(5/3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/57283519

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(4/29):

« 山小屋通信(4/28) | トップページ | 山小屋通信(5/3) »