« 山小屋通信(5/5) | トップページ | 山小屋通信(5/12) »

2013年5月 6日 (月)

山小屋通信(5/6)

連休最終日。今日も朝から青空が広がる。
薪の片付けが予定通りに終ったので、今日は山菜採り充てる。

山小屋の近所のタラノメはまだ、殻が開いたかどうかと言う程度。
1367800617767_1

ここの標高が1000mほどなので、この分だと採り頃は800m~900mくらいかな。
という事でまずは山の反対側、「川上の森」に入ってみる。
結果から言えば大正解。ちょうどコシアブラが採り頃を迎えており、しかもだれも入っていない。
林道沿線だけで、充分な収穫になった。
1367807497869_1

まだ時間があるので、穴田の林道も覗いてみる。
こちらはさすがに低い所はすでに採り尽くされており、これは予想の範囲。
こちらの狙いは800m以上が勝負だ。
こちらも予想通りに、800m以上は寒の戻りで発芽が遅れており、所謂「竿抜け」になっている。
ここでも「川上の森」とほぼ同等の収穫を挙げる事ができて、満足。

ただ20年前と比べてタラノキが本当に無くなった。
1367807425696_1

今日一日でのタラノメの収穫。
20年前だとコシアブラの方が少なかったんだよな。
それが今では逆転してしまった。
もっともこれは乱獲というよりは、森林環境の遷移が原因。
スギやヒノキが生育して日照条件が悪くなっている。
これではタラが成長する事が出来ずに枯死するのは仕方がない。
対してコシアブラは成長は遅い代りに日陰でも枯れる事はない。
両者の生理条件の違いがこういう結果になる訳だ。
ただ、大規模な搬出間伐も行われており、数年後にはタラノキが育っていそうな場所もあり、
あまり悲観することもなかろう。
むしろシカによる食害の方が心配だな。


Cimg3641
「川上の森」に向かう途中で出会ったカモシカ。
対比物が無いので判り難いが、親離れしたばかりの幼獣だと思う。
今日はこの他に、シカの幼獣やキジの雄にも出会った。

|

« 山小屋通信(5/5) | トップページ | 山小屋通信(5/12) »

コメント

こんにちは
たらの目・・・近頃は栽培が多いからね
天然物は少ない。

たらの目を最初に食べたのは20歳過ぎて
会社が信州だったので会社寮の朝は味噌汁
夕方はてんぷらと毎日のように出てた。

懐かしいね~つい先日スーパーで「たらの目」の
てんぷらが売られていたが
味も素っ気もないようで、、天然物はいいね~
独特の風味があってさ

投稿: GYO | 2013年5月 9日 (木) 09時11分

GYOさん、こんばんわ。

タラノメも路地栽培ならば、天然物と遜色無い味や風味になりますが、
流通物の殆どは水耕栽培なので、あの風味は出ませんね。

今の時期なら、信州の地場産直で露地栽培か天然物が手に入りますから、
いっちょ、ギュイ~ンとドライブしてゲットして下さい。

投稿: | 2013年5月 9日 (木) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/57324952

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(5/6):

« 山小屋通信(5/5) | トップページ | 山小屋通信(5/12) »