« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月26日 (水)

ダムカード

国土交通省が2007年より「森と湖に親しむ旬間(7月21日~31日)」から配布を始めた、トレーディング・カード型の簡易パンフレットが「ダムカード」
字体、紙、印刷、コーティングなどが統一規格であり、その サイズは、R=2.5mm、縦63mm、横88mmとなっている。

このカードの存在に気付いたのは確か2009年頃の事で、「ほう、そんな面白いものがあるのか」と思い、国土交通省のサイトへ配布施設一覧を確認しに行った。
当時は配布が開始されたばかりとあって、全国111箇所でのスタートであったが、配布時間が殆どの施設で平日のみと、「やるきあんのか、ゴルラァ!」であった。
しかしながらそんあ条件をものともせず、配布開始二年で早々にフルコンプリートする猛者もいて、「ダムマニア、こわい」とか思ったが、行ける範囲で集めてみようという程度には、刺激をうけたのである。
とはいえ、その「行ける範囲」ですら行くことなく、四年の歳月がながれた訳だが、最近になってふとした事が切っ掛けで集め出した次第である。
理由としては、やはり配布時間の制限が緩んだ事が大きいかな。土日休みのサラリーマンにとっては平日のみの配布では近所であっても、そうそうは出かける事ができんし、旅行などの日程に組み入れるのも難儀。
だいたいダムというものの多くは、山奥に存在するのが殆どなので行程もピストン型になり易く、一日に回れるダムの数も一・二ヶ所がせいぜいというもの。

で、久し振りに配布施設一覧を見てみたら、なんか様子が変だぞと。
愛知県内と長野県伊那地域。岐阜県東濃あたりの配布施設は、大概頭に入っていたのだが、記憶に無いダムの名前がちらほらと。
どうやら電力会社の発電用ダムや、一部の都道府県運用のダムも配布を始めたらしく、統一デザインのカードを配布しているものが277箇所に増えてるし、統一デザイン以外のものが41施設。
まぁ、楽しみが増えたと言えば言えるのか。当面は愛知・岐阜・長野各県のコンプリートを狙うだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

山小屋通信(6/23)

目を覚ますと生憎の曇り空。
まぁ、この時期では雨降りでなければよしとすべぇ。

草刈りは二巡めに突入。
今年は気温が低め+空梅雨なので、草の伸びも例年に比べれば遅いが、
それでも日当たりの良い所は、一月前に刈ったところが伸び放題になりつつある。


Cimg3722
帰路、林道沿いでササユリの開花を確認。
新たな群生も見付けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

山小屋通信(6/22)

今日は恒例の「大鹿青ケシ参り」の日。
事前の情報では、五月までの低温と雨不足で、開花が遅れていたそうだ。

山小屋を予定より30分ほど遅れて出発。
道中は渋滞・混雑もなく、順調に走り1100に鹿塩地区の「塩の館」に到着。
大池までのヒルクライムも、先行車に邪魔されることもなく、スムーズに走れた。
唯一、マイクロバスが下りて来た時に、後退して道を譲った程度だが、マイクロバスの運転手が下手杉。

Cimg3697

青ケシの花は、素人目にも判るほど、良い発色をしている。
曇り空という写真撮影にはしんどい条件で、この色がでるとはねぇ。
オーナーも「今年は良い色で咲いてくれた」との由。

Cimg3707

青ケシ畑の全体はこんな感じ。
一番花はあらかた散った後で、二番花が中心だが、それでもこの花弁の青さ。
確か2004年の猛暑で、手ひどいダメージを受けてからで、一番だと思う。

Cimg3710

こちらはホリデュラさん。
グランディスと異なり、宿根しないので中村農園ではあまり力をいれていないのだが、
藩種から二年で開花するので、今後は増やそうかと検討中との事。

妻は完全に「猫に木天蓼」状態なので放置し、
私は30分ほど青い花を鑑賞して私は休憩所へ。


1371878346749
今日の昼食は「塩の館」にて、鹿肉ハンバーグ定食。
鹿肉は「特徴が無いのが特徴」と言われるほど、淡泊な味で、料理としてはソースが味の決め手となる。
ここのソースは市販のトマトケチャップをベースにした素朴なもの。
トマトケチャップの酸味が旨くマッチしていたと思う。
欲を言えば付け合わせの野菜がもうちょっと欲しいところだが、
これで\950という(ジビエといては)お手頃な価格にしている事を買いたい。

大鹿村では美味しい蕎麦も食べられるが、私自身が蕎麦アレルギー持ちなので、
蕎麦以外の食事を探すのに苦労する訳で、こういう手頃な値段で食べられるジビエに期待したい。


Cimg3721

帰路、小渋ダムへ寄り道。
このダムは着工が1963年と、私と同い年。
1961年に下伊那を襲った「36災害」が契機となって建造された、治水ダムとの事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

山小屋通信(6/16)

昨夜の雨もあがり、お天気は快晴。今日は暑くなりそうな予感。
身仕度を整えて、草刈り第二パートを開始。草刈りを請け負っている、隣地を刈る。

ここの草刈りは実に楽しい。なんせ手入れをするほど、結果が跳ね返ってくるから。
ヤマウドも順調に株を増やしているし、ササユリも新たに三株を発見。
他にもタラノキもあっちゃこっちゃに。

ところがお昼を回ると、朝の晴天は何処へやら。
怪しげな雲が全天を覆い出す。
そうこうしてるうちに、雨がポツリポツリ。
レーダーを確認すると、茶臼山辺りで雲が湧いており、それが風向きでこちらに流れている模様。
雨の止み間を縫って、なんとか草刈りを終えたけど、なんとも不完全燃焼で終ってしまった。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

ササユリを見に「みたけの森」へ

先週、新たなササユリの群落を見付けた事で、妻が「ササユリが一面に群生しているのが見たい」と言い出した。
そしたら水曜日に「あのねぇ、岐阜にササユリの群落があるんだって」だと。
でまぁ、検索したりで見付けたのが岐阜県御嵩町にある「みたけの森
なんでも二万株の群生だそうで、これは見ておく価値もあろうと、場所や行程の確認を開始。
また、テレビ・メディアに載ったという事は、見頃を過ぎている可能性もありという事で、急遽見に行く事にした。
まぁ、道順には不安は無いが、天気の方がねぇ。日中の猛暑日予報に加えて午後の降水確率が高い。
という事で、なんとか午前中に自宅を出発。しかし多治見市を抜けるのにR248の渋滞に手子摺らされる。
それでも、多治見I.C交差点を過ぎた後はスムーズに走れたのでよしとしやう。

自宅を出発して大凡2時間、1230頃に「みたけの森」に到着。R21バイパス沿いには「ささゆり祭り」の幟がたち、
道に迷う心配は無いが、公園へのアプローチは舗装はされているとは言え、林道なので幅員にはさほどの余裕はない。

駐車場からササユリの群生地までは、徒歩で10分ほど。群生地までにもそこかしこでササユリが顔を覗かせている。

Cimg3686
少々、迫力に欠ける写真で申し訳ない。
いあyぁ、見事な群生ですよ、これは。
開花している株だけで、数百は下らない。盛りを過ぎている事を考えると、万のオーダーも嘘ではないなと思える。

ただ残念な事に、この群生は地域固有種ではなく、和歌山から取り寄せたものだそう。
本来は地域固有種を再生したかったそうだが、どれだけ探しても見つからなかったそうだ。
とはいえ、ここまでの群生に育て上げた労力はたいしたものだと思う。
実によく手入れの行き届いた、里山環境を再現しており、じつに心地好い林を維持している。

Cimg3691
一茎に三輪の花だけも信じ難いのに、蕾が一つ。
このクラスがあっちこっちに有るのだから、恐れ入りますの世界。
もう、来年の開花期には必ず再訪するぞと、妻と共に決意した次第。

さて、ササユリを堪能した後は一路、山小屋へ。
途中、山岡町の道の駅「山岡のおばぁちゃん市」に立ち寄り、小里川ダムのダムカードをげと。
1371272760639
このダムは建設された川の名前「小里川」なんだけど、これまで「こさとかわ」だと思っていたけど、「おりがわ」と読むそうで、地名の読みってのは難しいなと。
あとダムのパンフレットをみると、ダム内部の見学も自由にできるそうで、これはちゃんと時間をとって再訪せにゃあかんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

山小屋通信(6/9)

天気は曇り。じっとしていると半袖では肌寒さを覚えるくらい。
草刈りをするには、丁度良いくらいか。

午前中に林道の刈り残しを片付ける。
しかし、最初に刈ったところにはもう、草が伸びてきているので早めにニ回めを刈らないとな。
あとシイタケのホダ場の整備もしないと。

午後は別荘地入り口の道路端を刈る。
ここは日当たりは良く無いけど、水が豊富な所為か伸びるのが早いな。
そして知人邱の庭を刈る。
こっちは日当たりが良いのでイタドリが進出している。いまのところ蔓延は防いでいるが、もう少し小まめに刈ってやらないといけないっぽい。

今日で一通り刈り終わったので、今後は草の伸び具合に合わせて刈れば良いので、
来襲はホダ場の整備にかかれそう。まぁ、雨が降らなければのはなしだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

山小屋通信(6/8)

昨夜は元気切れで、夜駆けは断念。
昼に自宅を出発、1400頃に山小屋着。

Cimg3677草刈りと迷ったが、スマフォ・ホルダーを作ることにする。
物は単に1X4材にトリマーで溝を切るだけ。
仕舞い込んでいた道具の展開に要した時間を含めても、一時間ほどで完成。


Cimg3685使い心地はまぁまぁ。スマフォの傾斜角もほぼ予定通りに収まり、座卓で使うには問題なし。
今後は膝上でも使える様な改良が肝か。

あと、林道沿いにササユリの群落を発見した。
妻と確認したところ、十株ほどが群生していて、四株が花芽を持っている。
イノシシに荒らされなきゃ良いけど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

山小屋通信(6/2)

今日も相変わらず曇り空。予報では午後に山沿いで俄雨の可能性が報じられている。
出来ればスマフォ・ホルダーを作成したいので、雨は勘弁して欲しいのだが。

木工を取るか草刈りかで思案した結果、片付けの手間と雨の可能性を天秤にかけて、草刈りに決定。
なんせ三週間前に刈ったところが、元の木阿弥になりそうな勢いで伸びているので、
可及的速やかに第一回分を済ませないとやばい。

まずは弐号機で先週の刈り残し分へ。午前中に1Sortyをこなし昼食。
先週もそうだったか、枯れ折れたヤマハンノキの枝が散乱して、ナイロンコードでは刈り難いのなんの。
ニ回めに備えて、昨日買って来た熊手で、散乱した枯れ枝を掻き集めておく。
食後にパンを買いに出かけ、その帰りに「ネバーランド」にて幻のお菓子”秘境駅最中”をGET!
Cimg3675

このお菓子、随分前に発売されていたのだが、製造量が少ない事から取り扱い店が限られていてかなり入手困難であった。
それが三週街道沿いでも売られているとは、製造量を増やしたのかな?

山小屋へ戻り、草刈りの続き。
しかし、この頃からポツリポツリと雨粒が落ちて来る。
Xバンドレーダーで確認するも、雨雲が掛かっている様子は無いので作業続行。
林道上部の往路分を刈り終え、復路分を刈り始めたら遂に本降りの雨。
もっとも燃料も空になりかけな上に、時刻も1500時と休憩のタイミングでもある。
山小屋へ戻り、降り止むの待つが、無情にも1600時を過ぎても止む気配は無し。
しかたなく、撤収となった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

山小屋通信(6/1)

朝から曇り空。
今日は大鹿村へ講演を聴きに行くので、天気はあま関係は無いが、道中の景色が楽しめるか否かは問題だぁ。

飯田山本で国道を外れ、広域農道へ入る。
案の定、雲底が低く南アルプスが全く見えない。
もっとも晴れれば晴れたで、暑くなるのでここは痛し痒し。

講演会会場には余裕を持って到着したが、昼食をと「塩の里」へ寄ったところ、ほぼ満席状態で諦める。
昼食をとっても開演には間に合うが、席取りに遅れをとりそうなので。
まぁ「こんな事もあろうかと」、コンビニで仕入れたおにぎりでお昼を済ます。

講演の内容は別に譲るとして、青歯鍵盤は慣れていない割に、使い易かった。
スライド投射の為に照明が消されたのだが、あまりタイプミスせずに打てたと思う。

講演終了後の「岩塩掘削坑跡」の見学は、泣く泣く諦め帰路につく。
途中、小渋ダムに寄ってダムカードを初GET!
存在を知ってからかれこれ五年程になるのに、漸く初GET!ですわ。

その後、高森のカインズホームで、草刈り道具(消耗品)を購入するなどで、1730時頃に山小屋帰着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »