« 山小屋通信(7/21) | トップページ | 軽トラ、オーディオ化 その壱 »

2013年7月21日 (日)

山小屋通信(7/21)

朝から雲が多目な天気。多分、雨の心配は無いだろうけど。
まぁ、カンカン照りだといくら涼しい山でも、保ったものでは無い。

作業は先週に引き続き、軽トラのオーディオ換装作業。
今週は本体及びスピーカーの配線を終えるつもり。

Cimg3775
オーディオユニットの配線作業。
ダイハツ車用のハーネスキットを使って配線。
昔は車種・オーディオによって、コネクタ形状や配線の配置が異なっていたものだが、
最近はメーカー毎に統一されているようで、配線作業はかなり楽。
特に電源系はギボシ端子を接続するだけで終了。
もっとも、念のためにバックアップ・アクセサリー・イルミネーションの配線を、テスターで確認をとる。

問題はスピーカーhの配線。
WEBで調べてみたら、フェンダー部からヘッドライト部へまわし、ヘッドライトのハーネスに添わせて車室内に引込むとの事。
純正の配線も同様になされているそうだ。
ところがヘッドライトを外そうにも、グリルが外れない。
それでもなんとか隙間が確保出来たので、配線を車室内に引込む事ができた。

ここまで出来れば仕上がったも同然。
スピーカーコードに端子を取り付けて結線する。
ドアトリムやダッシュボードを戻す前に、火を入れてテスト。
ちゃんとお咎出ている子とや、左右の音が間違いなく出ているかを確認。
あとは外した部品を組み上げて完了。

さて、肝心の音の方はというと、私の耳には充分以上の音質だ。
やはりちゃんとしたアンプでまともなスピーカーを駆動するだけで、本来の音が再現される。
CDでの試聴を終えて、スマフォを接続しMP3を再生してみる。
今回採用した、カロッツェリア DEH-480はi-Phone・i-Pad対応を謳っているが、
Androidは公式にはサポートしていない。
ちょっとドキドキしつつUSBコードで接続してみると、なんの問題もなく再生出来た。
ただスマフォは単なるカードリーダーとして動作するだけになるため、スマフォ側の機能が制限を受ける。
まぁ、ここはなんらかの対応を考えるだな。
USBメモリもかなり安くなっているし、カードリーダーでも大丈夫なんじゃないかなと。

|

« 山小屋通信(7/21) | トップページ | 軽トラ、オーディオ化 その壱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/57846141

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(7/21):

« 山小屋通信(7/21) | トップページ | 軽トラ、オーディオ化 その壱 »