« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月28日 (土)

山小屋通信(9/28)

郊外の田圃では稲刈りが始まっている。
車窓からは時折、木犀の香りが漂ってきて、秋本番を感じさせる。

山小屋では栗イガがあちこに散乱。
16日と25日の台風の強風で、枝から叩き落とされたのか?
とイガを片づけていたら、中には熟した実も在る事に気がいた。
で、イガを片づけながら栗拾い。
初物としては十分な量が集まった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

山小屋通信(9/23)

未明に一雨降ったようで、地面が濡れていた。

ナラの枝もあらかた片づいたので、ちょっと薪狩に。
台風後には支障木が出るので、チェックは欠かせない。
で、予想通りにヤハズ峠で丸太を二本ゲット。
しかし思ったよりも見つからない。
やはり雨台風だったせいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

山小屋通信(9/22)

秋晴れび空が広がり、朝の空気は肌寒さを覚える。
一見すると台風18号の被害は目立たないが、注意するとそれなりに大雨による爪痕が。
国道418号では路肩が崩れて、通行止めの規制が。
もっとも現場は片側交互であれば、通過可能ではあるが、行楽客が余計な事故を起こす事を考えれば、妥当な処置だろう。

例の如く、妻のパンを買いにいったついでに、国道153号を一時閉鎖に追い込んだ現場を見に行く。
当初は土砂崩れときいていたが、実際は土石流だった模様。
阿智川の支流に流れ込む沢からの土石流が、国道を塞いだもの。

夕方にポツポツと雨が降る。
茶臼山で積乱雲が湧いた模様。
山小屋では片縁の雲が掛かった程度。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

山小屋通信 (9/14)

台風が接近中ではあるが、半日くらいは作業可能であろうと、淡い期待を抱きつつ、山小屋入り。
まずはチェンソーのメンテナンス。
清掃メニューにエアフィルタの洗浄を追加。ソーチェンも新品(貰い物)に交換する。
ゴミ燃しペール缶に火を熾し、ナラ枝の焼却作業。
ナラ枯れ被害にあったナラの、主幹をチェンソーで玉切りした。

明日は台風の進路次第でどうなるか。最も悲観的な予報では朝から雨となっている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »