« 2014年1月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月30日 (火)

山小屋通信(9/28)

今日も朝から秋晴れの空。冷え込みも先週程ではない。
昨日の御嶽山噴火をうけて、(もしかして噴煙が見えるかも)と期待して、高嶺山に上がってみたが、
恵那山に遮られて見えなかった。Orz
1411871479772

エネルギーキレで中立化していた高嶺のポータルを獲って下山。
ポータルキーも入手したので、これでリモートでのメンテナンスができる。
昼にパンを買いに行き、ついでに浪合神社のポータルキーもゲット。
これでコントロール・フィールドを二つ、遠隔操作で維持できる。

山小屋に戻り、薪つくり作業の続き。
先週の玉切り丸太を割る。


2014_hatumono

今季の初物。
椎茸は巨大化しちゃったけど、昨夜の鍋に投入して味わいました。
ん~、やっぱ原木物は香り・歯ごたえが違うわぁ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

今日のIngress

昨日、初心者が目指す最初の目標である、Lv.4に到達しささやかな祝杯を上げた。

さすがにLv.4になると、それまでと異なり敵ポータルへ与えられるダメージが、段違いに上がった事を実感できる。
他にもポータルに設置できるレゾネータのLV.も上がるので、長いリンクも張りやすくなるので経験値も稼ぎやすい。
他にも保持できるエネルギー(XM:エキゾチック・マター)の量も増えるので、遠隔地のポータルへのリチャージも頻繁に行える(その代わり枯渇すると、集めるのが大変なのだが)。
まぁ、リチャージをする時には敵・味方問わずポータルが密集している場所で行えば良いとか、それなりにノウハウも溜まってくるのもこの頃。
かげで次のLV.に必要な経験値の半分を一日で稼ぎ出せた。
他にもLv.8以上への昇格に必要なバッジのうちを三つ取得。

東京都内を主戦場にしている人などは、二週間でLv.8なんて人もいるみたいだが、まぁ、地方都市の住宅街が主戦場であれば、そこそこのペースなんじゃなかろうか?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

ingressで地域振興

岩手県がスマホ位置ゲー「Ingress」を観光振興などに活用

"岩手県は米Googleが提供中の位置情報を利用したスマートフォン(スマホ)向けゲーム「Ingress(イングレス)」(写真)を、観光振興や地域活性化に活用する試みを始めると2014年9月24日に発表した。25日に広報や観光、復興推進などの担当者10人を集めた研究会を県庁内に発足、初会合を開く。ゲームのプレーヤーを狙った誘致イベントの開催や情報発信への活用方法を検討、来年以降の実施を目指す。自治体がIngressの活用に動き出すのは全国で初めて。"

具体的な内容は研究会の報告待ちというところだろうが、アニメの舞台になった地域をファンが訪れる「聖地巡礼」の盛況を見ていると、うまく仕掛ければ相当の観光客を誘致できると思う。
ただ、行政機関で企画すると面白みに欠ける企画になりがちなので、フィールドの準備・整備に留めて、コンテンツはユーザーに任せるほうが良い成果をだせると思う。

現状での問題は、Googleにポータルの申請を上げても現在の状況では、結果が出るのに数ヶ月かかる事か。
プレイヤーのコミュニティの話では、今年のG.Wに申請したポータルが、やっと設置されているようである。
あと新規ポータルの申請も、プレイヤーが「面白ぇ、ぜ絶対ぇに攻略しちゃる」的な面白さを加味できるかもあるだろう。
バス停の様な「道路端」に設置すると通過するだけになるので、少なくとも50mは道路から引っ込んだ位置にポータルを設けないと、足止めにもならないからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ingress

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

今日のIngress

AP(経験値)を稼ぎに出かけようとしたら、雨が振り出していた。
が、小雨だから本降り前に帰ってくればいいやと出かける。
いや、マップを確認したら、近所に美味しい(消耗した敵陣ポータル)が幾つかあったものだから。

まずは自陣営の一本差しポータルにて、レゾネーターを設置。これだけで1000AP近くが手に入る。
次に消耗している敵陣ポータルへ移動し、これを中立化して自陣ポータル変更。
この頃から本降りになりつつも、まだ小雨になったりともう少し粘れそうだ。

次にポータルが密集している公園へ移動。ここは敵陣営だったものが、週末に味方陣営に替わっている。
AP(経験値)は手に入らないがアイテムは手に入るし、なにより移動時間を最小に押さえて、
一気にポータルを周回できるのが美味しい。
しかも一基だけ消耗した敵ポータルが残っているという、ここを攻略した高レベルプレイヤーが「AP(経験値)を稼げ」と残しておいてくれたようなもの。
ここでも敵ポータルを一基撃破の戦果をあげる。

が、この頃から雨が本降りモードになりつつあり、巡回を終えた頃には本降りに。
慌ててトイレに避難して、雨をやり過ごす。
小雨になった所で更に敵陣ポータルへ移動。これの攻略を始める。
ここは消耗していたとはいえ、ポータルのレベルが高く、攻略難易度は前二基よりも高い。
ただ雨宿りできる場所があるだけ、腰を落ち着けて攻略できる。

しかし消耗しているとはいえ、高レベルポータルだけあって硬い硬い。
こちらのエネルギーが無くなり、二回も補給に他のポータルを往復させられた。
それでもきっちりと攻略し、二基のポータルを自陣営化に成功。

ここでYahoo!から豪雨予報メールが飛んでくるわ、雨脚が強くなるわでこれ以上のプレイを断念。
あと2000APでレベル5に到達できたのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のIngress

Ingressをプレイし始めてから「自陣営のポータルではAP(経験値)は稼げない」と思い込んでいたのだけど、そうでは無い事に気がついた。

まず「リチャージ」。消耗したレゾネータにエネルギーを補充する行為だが、これがLv.3くらいまでのプレヤーには馬鹿にならない経験値になる。
なぜならリチャージしなければAPは0だが、リチャージをすれば10AP/回になる。
自身の手持ちXMにもよるけど、五回のリチャージを行えば50APになるからこれはおいしい。

次が「リンク」。自陣営のポータルを結びつける行為だが、距離にもよるけど最低でも100AP程が手に入る。
もっともリンクをするにはリンク先のポータルキーが必須になるので、こま目なハックでポータルキーを集めておくのが肝。

そして「フィールド形成」。三箇所のポータルを結びつける訳だが、自分で三角形全てを描く必要はない。
極端な話、三角形の最後の一辺をリンクするだけでも良い。
こは「リンク」の上位行為なので、ポイントは「ポータルキーを持っているか?」なので、やはりこま目なハックが肝。

今日、偶々高LVポータルと手持ちのポータルキーで長距離(10km超X2)リンク+フィールド形成で一気に20k近いAPを稼ぐ事ができたし、他にも小さなフィールド形成も達成しているのも効いている。


んで、纏めると
Lv1)
敵・自陣問わずひたすらハックして、経験値を稼ぐ。時間が許せばハック長押しして、一筆書きに挑戦し、アイテムを集める。
地味な作業が続くのでモチベーションを維持できるかが肝。
ただ人口稠密部であれば、地方都市でもそこそこのポータルが立っているので、通勤・通学やウォーキングの道すがらでAP稼ぎできる。
できればハックは長押しで「一筆書き」に挑戦すべし。

Lv.2)
敵陣ポータルを攻略するには実力不足。
よって基本的には敵・自陣問わずにハックが基本だが、保有できるXMがLV1より桁単位で増えるので、自陣営でのリチャージ&ハックでアイテムの集取とAPを稼ぐ。
まれに存在する低Lvポータルを攻撃するのも良いが、都市部では争奪戦が激しいので、奪還戦は無意味。

Lv.3)
リンクやフィールド形成をめざしつつ、自陣営でのリチャージで経験値を稼ぐ。
ハックした際には、デプロイでレゾネータの状況を確認する(こおkまでくれば、それっくらいの余裕はあるはず)。

あとプレイヤーレベルが低くても、中立ポータルを見つけたら、積極的に取りに行くべき。
特にLv.1~2だと、中立ポータルを確保するだけで、レベルアップのAP値を一気に稼げるし、敵陣攻略よりもLV上げには効率が良い。


WEBで検索すると「とにかくLv.8をひたすら目指せ」との記事ばかりなんだけど、「そのための手法」の内容が「ひたすら敵陣のポータルをハック」ってのは、確かにそーなんだけど実際を反映していないのよね。
特に「自陣営ポータルへのリチャージ」に触れていない記事は、ライターがプレイしていない可能性大だな。

Lv2)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

山小屋通信(9/23)

今日も予報通り、青空が広がる。例年なら秋彼岸の頃って、予報が当たるのが珍しいほど、めまぐるしく天気が変わるが、今年は少なくともこの三日間に関しては大当たりだ。

午前中に少しIngressをプレイして、薪つくりの続きをする。
んがその前に先週に割っておいた薪を、薪棚へ井桁に積み上げる。

原木置き場から丸太を運び、チェンソーで玉切り。
薪割りが不要なサイズはネコに積み込み、薪棚へ。
玉切りウマが玉で埋まるまで、このパターンを繰り返していく。

今日の作業で弐号棚の1/4が埋まった。
原木の山も「減ったなぁ」と実感できるまでになった。
残りの原木を玉切り・薪割りすれば、弐号棚の半分が埋まる見当。
今年は春からこちら、原木集めに行ってない(それまでに集めた原木が手付かずだった為)ので、そろそろ集めに行かないとなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

山小屋通信(9/22)

今日も秋晴れ、朝の冷え込みは昨日ほどではなかったが、やはり肌寒い。
近所のポータルへでかけ、ハックを実施とともに、レゾネーターへの遠隔チャージを試みる。
昨日の朝に設置したのに、意外と消耗してるなぁ。誰か攻撃にきたのかな。

軽トラにガソリンを補給した後、小屋に戻り薪の整理を始める。
玉切りした薪を積み上げるのに、両端の井桁組が必要なため。
ところが作業を始めて棚が傾いているのに気がついた。
どうやら基礎かわりにしている赤松の切り株が、いよいよ腐朽が進んで重みに耐え切れなくなってきた模様。
とりあえず焚付棚にコンクリートブロックを噛まして応急処置しておく。

割薪を棚に収容し、玉切りを始める。
玉切り不要な太さのものはネコ(一輪車)に積み込み、籠が一杯になったら棚に積み込む。
今日の作業で弐号棚の1/4くらいになったな。
集めた原木の山も少しだけ減った実感を感じた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

山小屋通信(9/21)

昨日は一日ぢんよりとした曇り空だったが、今日は爽やかな秋空が広がる。
おかげで朝の冷え込みは9.8度と、かなぁ〜り冷え込んだ。この秋一番じゃね?

朝一で妻から頼まれた鉢植えに水やりを済まし、Ingressの新規ポータル申請のため、候補地巡りへと出かける
途中、昨日GET!」した諏訪神社に寄って、アイテムをGET!
したら中立のポータルが2つも表示された。ひとつは申請しようとしていた候補地の一つで、もうひとつは隣り村。
少し迷ったが折角なので隣村までひとっ走り。ついでに新規ポータルを一つ申請する。
平谷へ戻り高嶺山頂もGET!
新規ポータルの申請も特に苦労する(携帯の電波的に)事なく終わり、更についでと売木村へ向かう。
しかし売木は土地勘が無いせいで、良い候補地が見つからない。
まぁここまで来たのだからと、道の駅「新野 千石平」でレゾネータを一基破壊。二基に損傷を与えたところで、こちらのエネルギーが枯渇かつ、スマフォのバッテリー切れ。
まぁ、こんなものかな。もう少し粘っても良かったけど、賑の有る道の駅といえどなかなかエネルギーが堪らないしね。

山小屋へ戻りゴミ燃やし。大量の紙ゴミなので、なかなか燃えてくれんのよね。
それでも自宅から持ってきたうちの3/4位は処分できた。
明日も予報では晴れ。台風の影響は水曜日頃になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

山小屋通信(9/20)

自宅の片付けをして移動開始。
途中でIngressのハックをしちゃろうと、瀬戸まわりで来るものの、
微妙にコースを外したみたいで、成果は見方陣営のポータルのみ。
まぁ、アイテムが手に入っただけマシか。

山小屋に到着した頃には外気温は15度まで下がっており、
薄手の長袖だと肌寒さを覚える。
でも日中だと日差しがあると、まだまだ暑かったりするんだよなぁ。

茸のホダを確認すると、ナメコが発生した痕跡がある。
もう鉄板焼きの時期は終わったな。来週からは鍋だな。

風呂へ行くと秋葉神社のポータルが中立になっていたので、自陣営化する。
数日前にチェックした時は敵陣営だったので、レゾネータのエネルギー切れなんだろうな。
しかしIntel mapえdチェックしても村内のポータルはこの一箇所のみ。
「道の駅」にすらポータルが立ってないって、なんなんだ。(笑)
まぁ、隣の根羽村には一箇所もないから、有るだけマシって事か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

今日の「Ingress}

今日は妻が実家に帰るので、最寄り地下鉄駅まで送った際に、中立のポータルを発見。
帰りに自陣ポータル化してきた。
んで、帰宅してからケッタで出撃。ルーチンワークのハックをこなしていくが、「これって、もしかして撃破でsきる?」なポータルで試行錯誤。
なかなか有効な攻撃ができなかったのだけど、試行錯誤の末に撃破成功。
二箇所のポータルを撃破して自陣営化に成功。しかしえらい手間がかかるなぁ。
この作業中に経験値が貯まり、Lv.3に昇格。

いやぁ~、Lv.2とLv.3では攻撃の効果が全く違いますな。
とりあえず、始めたらLv.3までは脇目振らずにハックをすべしですな。
ただ黙々とハックしてるだけもつまらないので、Intel mapでポータルの状態を確認して、有効なレゾネーターが少ない or 消耗しているポータルを見つけたら、アタックしてみると良いかも。

しかし、せっかく奪取したポータル、一時間もせんうちに奪還されちまったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

「Ingress」四日目

今日も夕方に二時間ほど出撃。
出発前にポータルの状況を確認して出かけたのだけど、巡回する予定だった敵ポータルがこぞって味方ポータルになっていて唖然。
なんせね、15分程でさっきハックした敵ポータルが、味方ポータルに変わっていてなぁ。
AP(経験値)稼ぎなLv2エージェントとしては、Orzな状況な訳ですよ。

ただ、二箇所の中立ポータルもあったので、自軍のポータルにしたりと、経験値積む事ができたけど。
ただ、敵陣ポータルの破壊には未だに成功せず。
なんかコツがあるんだろうなぁ。

で、風呂に入ろうとしたらスマフォにメッセージが飛んできて、「夕方に奪取したポータルが攻撃されている」と表示。
と、結構「おぉ~、エージェントっぽくなってきたじゃん!」な一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

Google GAME 「Ingress」は地域興しに使える・・・かも?

最近twitterのタイムラインにちょくちょく登場しているのが、Googleが配布しているオンライン・ゲーム「Ingress
今日、ふと思いついてスマフォ(Android機)にインストールしてプレイしてみた。

「Ingress」のゲーム内容は割りと単純で、宝探しと陣取り合戦を足した様なゲームで、プレイヤーは「エンライテンド(覚醒者)」と「レジスタンス(抵抗勢力)」の何れかの陣営を選択し、「ポータル」と呼ばれる目標を探しだして自分の陣地としていくというもの。
ただし「オンラインゲーム」でありながら、ベッドで寝転がってなんてスタイルでプレイできない。
なぜなら、「ポータル」を自陣とするには現地に赴かなくてはならないからだ。

で、近所のポータルを探しに出てみる。ゲームではプレイヤーのスマフォが「スキャナー」と呼び、まぁナビですな。
Google mapとGPSが連携し、ポータルの存在する大まかな方向を示してくれるし、土地勘の有るところであれば、地図を拡大・縮小させる事で把握する事もできる。

「単純なゲームだからなぁ」と最初のポータルに向かい、あっさりと見つけたのだが、ここで見込み違いが発生。
プレイヤーレベルに応じてできる事の制限がきつく、始めたばかりのプレイヤーでは「見つけたご褒美」としtの経験値しか手に入れられない。
しかも一箇所のポータルでは最大で400pの経験値しか手に入らないとかで、そーなると「次だ次!」と移動を始める始末。
気がつくいたら、一時間程はあっという間に過ぎるし、気づけば2kmほどを歩いていた。
いやぁ、ざっとWEBで検索したら、休日に10km歩いただの、始めて一ヶ月で体重が減っただのってぇ報告が結構あるけど、さもありなんな楽しさ。

んで、プレイしていて気づいたんだけど、設置されている「ポータル」が絶妙で、地元の寺社・仏閣はもとより小さな「お稲荷さんの祠」だとか、半世紀近く暮らしているのに存在を知らなかった「石造りの常夜灯」とか、「なんでこんなマイナーな情報が?ってぇものがザクザクと出てくる。
実は「ポータル」の設置はプレイヤーがGoogleに申請して設置されるのだが、その申請基準が

像(石像、銅像など)、
歴史的な建造物、特殊な建造物
特殊なローカル・ビジネス(その地域にしか無いお店とか)
屋外の壁画

という縛りが設定されている為だった。
もっとも現実には、「公園の時計」とか「郵便局」とか、はては「マンションのマスコット」なんてものもポータルとして登録されているので、審査基準は割りと緩いっぽい。
まぁ、ポータルの設置はあくまでもGoogle map上での話で、現地に看板が立つ訳ではないので、そこそこ柔軟に運用されているのだろう。

んで、ここからが本題。
この「Ingress」が地域興しに使えるんじゃないか?ってっ話。
人口減少・高齢化に悩む自治体に共通しているのは、「他所から人が入って来ない」事で、まぁ定着まで考えると色々と地域にも問題はあるんだけど、だいたい出てくるセリフは「(人を呼べるような物が)何にもない」ってのは共通している。
でも実際には由緒正しい寺社・仏閣が少なくとも一つずつはあるし、伝承民話由来の地の一つや二つはありますわな。
そーいう場所をポータルとして登録したらどうなる?「人並みが途切れぬ勢い」は無くても、そこそこにIngressのプレイヤーが訪れるし、演出として物理的に攻略が難しいポータルというものもあるだろう。
例えば夏場はクルマで容易にアクセスできても、冬場は徒歩でないとアクセスできないとか。
昨今ではゲームプレイヤー同士がSNSで情報交換しているので、難攻ポータルなんぞを設定するだけでも、その地域が話題に登る訳で、この宣伝効果は無視できないものがあるのではないの?と思うのな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

山小屋通信(9/15)

今朝は曇か晴れか、微妙な空模様。夕方に俄雨の可能性はあるものの、なんとか終日落ち着いていそう。

昨日の玉切りで出た端材を燃やす目的で、ゴミ燃しペール缶に火を熾す。
ゴミを燃やしつつ、薪割り開始。
まずは昨日、チェンソーで縦挽きしたナラの玉を割る。
隠れ節なども有って、割るのに梃子摺らされるがなんとか薪に割る。

次いで昨日、玉切ったものを割る。
気力は戻って来ているけど、それを支える体力がまだまだな所為か、ミスヒットが多いなぁ。
ミスが続くと「艦これ」に引きこもりたくなるのだが、それを我慢して、散歩などでリフレッシュ。


Cimg3884

本日の成果。
この他に薪割り未満なものmあるので、ざっと薪棚1/8くらいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山小屋通信(9/14)

昨日に続いて青空が広がる。
予報通りに冷え込み、日差しの下では爽やかな陽気だが、日陰だと半袖では寒くなる。

今日は処理が滞っていた薪原木を玉切りする。
昨夏にナラ枯れした玉をチェンソーで縦挽きしたら、ちと切れ味が宜しくない。
一度、分解・掃除して目立てをして、玉切り再開。
お~、サクサク切れるぜぃ。

玉切り用のウマが埋まってしまったので、今日の作業は終了。

Cimg3886

なんか、原木の山が減った気がしないんですけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

「艦これ」プレイ環境を構築せよ!(Dynabook SS RX1 トラブル編)

Dynabook SS RX1とUbuntuで快適なプレイ環境を手に入れて、週末の提督任務の消化も捗る様になった。
そう、あの日を迎えるまでは。

その日は唐突にやってきた。8月8日夜半をもって発動された「AL/MI攻略作戦」の激闘を終え、祭りの後の虚脱感が漂う中、いつもの様に温泉の休憩室で任務をこなすべくDynabook SS RX1を起動し「艦これ」サイトへアクセスすると、「通信エラー」でログインできない。
回線状況はすこぶる良好で、少なくともtwitterは問題なく繋がっている。
とりあえず、アドオンを無効にしたりと足掻いてみるも状況はまったく改善せず、この不調は翌日になっても変わらない。

帰宅してテストしても通信エラーは相変わらず出ているので、この時点でWi-Fiから先の回線の問題では無いことが確認できた。
自宅のデスクトップ(Windows7)からも問題なくプレイ出来ているから、サーバー側の問題でもない。
リビングのDynabook EX1からアクセスすると、こちらも通信エラー。
この辺りでどうやら原因はAdbe Flashplayerが怪しいと見当がついてきた。

実はAndoroidなスマフォで艦これプレイ環境を整えた時に、AdobeがLInux用Flashpreyerの開発をストップしていた事を知っていたから。
で、WEBで検索するも「繋がらないねぇ~」って話はそこそこ有るものの、解決策は「Chromium+PepperFlashに移行」か、「Flashplayerのバージョンを下げる」の二択ほどしか見つからない。
他には「Windowsエミュレーターをインストールしれ」ってのも見つけたが、詳しい手順が無くて挫折。
かなり四面楚歌な状況で心が折れましたね、マジに。(笑)
ただtwitterのまとめサイトで「Firefox+PepperflashでUAを変更」での動作報告を見つけたのがいちるの希望だった。
で、成功しましたよ、FireFoxで艦これ。
以下にその手順をば

1 .Pepperflashのインストール
ターミナルを起動して以下のコマンドを打つ
sudo apt-get install pepperflashplugin-nonfree
sudo update-pepperflashplugin-nonfree --install

できれば動作確認のために、PepperFlashをインストールする前に、Chromiumをインストールしておいた方が良いでしょう。

2. Fresh Player Pluginのインストール
sudo add-apt-repository ppa:nilarimogard/webupd8
sudo apt-get update
sudo apt-get install freshplayerplugin

3. Configファイルの作成
こちらの内容をエディターにコピペして、ファイル名を「freshwrapper.conf」として「~/.config」へ保存

4. Configファイルの編集
3.でこさえた「freshwrapper.conf」の中身のうち
# Path to the Pepper Flash plugin
pepperflash_path = "/opt/google/chrome/PepperFlash/libpepflashplayer.so"

強調した部分を「/usr/lib/pepperflashplugin-nonfree/libpepflashplayer.so
に書き換える

5. FireFoxのUAを変更する
FireFoxのアドオンでUA変更アドオンを探してインストール。
UAをchromuかMacOS系にする


以上でUbuntu系Linuxで艦これをプレイできるようになります。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

Windowsはもういらない?(Dynabook SS RX1 トラブル編)

Ubuntuをインストールし、快適に「艦これ」を楽しんでいた。

Kan_kore


その日も「さぁ~て、演習で鍛えるべ」とPCを起動し、ゲームサイトにアクセスすると、なんかおかしい。
ゲームのムービーやサウンドの再生がぶつぎりになり、1ターンをこなすのに異常に時間がかかる。
週末の山小屋でのプレイ。真っ先に疑ったのはスマフォの回線品質だが、電波状況は昨夜と殆ど変わらない。
むしろ屋外な分、状況は良いくらい。
「そ~いや起動時になんかエラーメッセージが出てたなぁ」とPCを再起動するも、状況に変化なし。
山小屋でできる事は限られるので、あとは自宅に帰ってからとプレイを諦める。

帰宅して自宅のWi-Fi環境でテストしても、状況に変化なし。という事は、スマフォ回線の問題では無いって事か。
それではとUSB型Wi-Fiアダプターでテストするも、こちらも症状に変化なし。
また、LANケーブルによるワイヤード接続でも、症状の変化なし。
ここでほぼ、PCのハードウェアの問題か、OSの問題かのどちらかと察しはつく。

「OS、再インストールじゃぁ~」

運用開始して間もないので、テスト環境みたいなもんだし、Windowsみたいに面倒な手続きはいらんしな。
んで、さくっと再インストールしてみるも状況変わらず。
となると、ハードウェアトラブルかよ~。
症状を元にWEBで検索してもヒットせず。ちょっと手詰まりに成りかけてたところで、煙草を燻らせていたら閃く物があった。

実はこのPC、CPUにCORE 2 Duoを搭載しているので、発熱が酷いのである。
閃きに従い、煙草の煙を排気口付近に吹き掛けてみると、あ~ら排気してねぇ~じゃん。
ここでもう一つピンと来た。このPCが破却された理由だが、これは後述する。
今はCPUクーラーのファンを動かすことだ。

Cpu_cooler

早速、筐体を分解し、CPUクーラーを取り出す。
見た目はさほど劣化している様には見えないし、ファンを手で回してもおかしなところは無さそうだけど・・・
ファンの軸受けとシャフトをパーツクリーナーで掃除し、潤滑剤を塗布して再組み立て。
ヒートシンクとCPUの接触面にも、シリコングリスを塗り直す。

組み立て直して、起動すると・・・・・
はい、見立ては大正解。「艦これ」を起動すると共に、ファンが結構な音をたてて回転し始めた!
動画も音声も滞り無く再生されている。小一時間ほどプレイして問題なし。
なるほどねぇ、これが廃却になった理由なんだ。

経験的に言うと、Microsoft Windowsは伝統的に熱に弱いという面がある。
ちょっとソフトウェアが熱に弱いって納得し難いものがあると思うけど、HDDへのアクセス制御で書き込み時にOSがフリーズすると、かなり高い確率でファイルの破損を引き起こす。
つまりCPUファンの動作不良から、Windowsのシステムファイル破損(その前に熱によるシステムフリーズの頻発)を起こし、リカバリすら試行されることもなかったのだろう。
この辺り、プレインストールのPCしか触った事が無い人が陥りやすい「PCの寿命」みたいな判断に繋がっているのだけど。

まぁ、なにはともあれCPUクーラーも復活し、週末の山小屋でも快適なパソコンライフを送れるようになったのはありがたい。
あと、この件でCPUクーラーをWEBで探しまわったら、北米ではDynabookのCPUクーラーが当たり前に扱われていたのにはびっくりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

Windowsはもういらない?(Dynabook SS RX1 インストール編)

2014年4月のWindows Xpサポート打ち切りでは、企業ユーザーを中心に大量のリプレースが起き、ハードウェアとしてはまだまだ使えるはずのパソコンが廃却された。
前回の記事で紹介したDynabook EX1/524CWEはまさに、「Windowsでは使えないけれど」の典型であった訳だけど、いくらLinuxが軽いといえどGUIで使うには、ほぼぎりぎりのスペック(性能仕様)かなぁという感じ。
それでも主力はWindows7なり8なりに乗り換えても、予備としてならまだまだ現役で働いてくれる方法がある事が判った。

では、Windows VistaまたはWindows7対応のパソコンではどうなのか?
普通ならOSのみアップデートして使うだろ?なPCですら廃却されていたんですねぇ。
なので「Windows VistaまたはWindows7レディなPCでUbuntu」してみました。

入手したのは、東芝 Dynabook RX1 TE120E/2W。
「まぁたDynabookかよぉ~」なんて言わんで下さい。廃却機の中から使えそうなパソコンを見繕って来てるんで、選択の余地は殆ど無いのです。

Cimg3880

多少の使用感はありますが、美品に入る方だと思います。少なくとも私にとっての「美品」の評価軸は「交換可能な部品以外は正常に動作する」なので、電源を入れてみるまでなんとも言えません。

Cimg3882

キーボードの様子。
キートップが一つありませんが、ここは右「Alt」キーなので無視。
右Altって滅多に使わないので。

んで、Dynabook RX1 TE120E/2W の基本スペックは以下のとおり
Rx1_spec


2008年冬発売のモデルとはいえ、これだけのスペックを備えたPCを廃却するとは、豪気な話だなぁとは思ったのですが、その理由はちゃんとあった訳ですが。

んで、ドキドキしながら起動してみると、あれあれWindowsXpが起動してくるじゃん。
HDD抜かれてなくてラッキーと思ったら、「ファイルが破損してるので起動できません」との表示。
この程度は予想の範囲なのでサクっとUbuntu 13.04のライブDVDをセットしてインストール開始。
「おぉ!インストール・スクリプトがサクサク進ぅ~」
小一時間ほどでインストールが終わって、再起動します。

Screenshot_from_20140909_20_45_33

インストール直後のデスクトップ(実は14.04jaの画面ですが、13.10も殆ど変りません)
左端のはアプリケーション・ランチャーで、ここへ登録したアプリはワンクリックで起動できます。

EX1/524CWE(以後、EX1と略す)であれほど苦労させられたのが嘘のように、いとも簡単にインストールできたのはPCの性能故でしょう。
操作してもEX1のような「もっさり感」は無く、ストレスも感じない。
内蔵Wi-Fi、SDカードスロット、PCカードスロットも問題なく動作しており、Windowsのインストールよりも簡単なくらい。
だいたいWindows Vistaの要求スペックを満足するPCなら、本家Ubuntuでもストレス無く使用できそうって感じ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

山小屋通信(9/7)

そろそろ作業を始めるかなぁってタイミングで、外に出ていた妻から声がかかる。
なんじゃらほいと出てみれば、下のM田さんから会合のお誘い。
なんでも携帯電話の基地局が建設されるのだが、それに関して施工業者からの説明会であるとの事。
あぁ~、嫌ぁ~な予感がする~。

指定された時間に赴いたら案の定、「電磁波怖い教」さんにぶち当たってしまつたよ。
もうね、目つきが座っちゃってるママさん、あなたは義務教育で何を学んできたのですか?
また、娘に引きづられちゃってるオッサン、おめーが娘を諌めねぇーでどーすんだよ。
諌めるどころか、とんでも論をばら撒いてなんの益があるだよ?

もうね、論理が破綻しているのでママさんに言いましたよ、「電磁波が怖いなら、こんな所へ子供を連れてきちゃダメよ。」
「(スマフォで地質学会のサイトを表示しながら)長野県と岐阜県って、空間放射線量高いのよ」

ぎゃっはっはっは、ママさん顔面蒼白。
リアルに「血の気が引いていく」ってぇのを、初めて見ましたわ。
なので更に追い打ち、「お宅の横の沢、規模の多寡はともかく、雨が振ると土石流が発生してるんですよね。山の上からウランを含んだ花崗岩がどんぶらこって流れてきて放射線ばんばん出してますよ」
けっけっけ、もう今にも卒倒しそうだった。

いや、マジに卒倒まで追い込んで、携帯で救急要請しちゃろって思ったんですけどねぇ。
mぁ、「とんでも」(似非科学ともいふ)を信じこんじゃったって人を相手するって、初めての体験をした訳ですが、あ~いう存在は社会コストを浪費する存在でしか無いんですが、「社会コストを削れ」って主張する人が、相反する言説をばら撒いてるんですよねぇ~。
誰がとは言えば、我が国の総理大臣以下、内閣の人々なんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

もうWindowはいらない?(Dynabook EX1/524CWE編 追記)

Dynabook EX1/524CWEではLubuntuにて満足いく結果を得ることができたが、ここに至るまでの経過も記しておこうと思う。

まず最初にインストールしたのは、本家Ubuntuの確かVer10.04だったが、これは結果かた言うとDynabook EX1/524CWEのスペックでは使い物にならなかった。
何せインストール・スクリプトがまともに走らず、インストール途中でエラーになるわ、一晩かかってもインストールが終わらんわ、やっと終わって再起動したらWindowの配置が崩れるわと散々な結果に終わった。

そこで「もうちょっと軽いディストリビューションは無いか」とUbuntuベースで探したところ、「Eco Linux」というのを見つけ、これでインストールに成功しパフォーマンス的にも十分に使えるものだったのだが、残念ながらEco Linuxは開発が終了しており、既に開発チームも解散という状態だった。

次に見つけたのがXubuntuというディストリビューション。ecoLinuxほど軽くはないが、インストーラーもスムーズに動作し、インストールに要した時間も一時間半ほどであった。
またデスクトップマネージャーのインターフェースも、Windowsに近いデザインがなされており、EcoLinuxよりも馴染みやすく当初は満足して使っていたが、使い込んで行くに従いアプリの起動や切り替え・漢字変換時に動作が「もっさり」するのが気になる様になり、この点でEcoLinuxに戻そうかとも考えたのだが、この時点で前記した様に開発終了・サイト閉鎖を知ったので「まぁ、WEBでの検索・閲覧とTwitterくらいだしなぁ」と諦めて二ヶ月ほど使ってきた訳。

んで、Lubuntuに乗り換えて見ようと思う切っ掛けが、8月30日の夜だ。
ちょうど一年前から始めたブラウザーゲーム「艦これ」がUbuntu上のFirefoxでプレイできなくなったのだ。
これはUbuntuが悪いのではなく、ゲームに必須のFlashplayerがLinux向けはすでに開発が停止しており、Flashplayerのバージョンが古いままのためだったが、特に運営からのアナウンスはなされておらず、この問題を解決する為に、WEBで検索をかけてまくっていた時に、「どうやらXubuntuよりも軽いディスビがあるらしい」と気づいた。
そこで調べてみると今回のLubuntuLinuxMintの2ディストリビューションが軽いとそれぞれ支持を集めていることがわかった。
でまぁ、どっちにするかはインストールしてみりゃ良いやと、気に入らなきゃ乗り換えりゃ良いし(どうせテストベッドだし)と先に見つけたLubuntuをインストールした次第。

んで、ぶっちゃけ「Windowsから乗り換えられるか?」なんだけど、Dynabook EX1/524CWのスペック(メモリー512MBは必須)があれば、Lubuntuならば十分に実用になると言って良いと思う。
確かに「もさっり感」は気になrなあいとは言え残っているけど、これは恐らくWindows Xpでも感じるだろう程度のもの。
USB機器も私の手持ちの範囲であれば全て正常に動くし、ソフトもあらかたがフリーウェアで揃う(CD・DVD焼きソフトまで)ので、ネックになるのは印刷くらいのものだろう。
ただ、一般ユーザーの用途で最も重要な「年賀状印刷」が弱いというのは、主力として致命的とも言えるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうWindowはいらない?(Dynabook EX1/524CWE編)

さて、Linux用に用意したのは、東芝Dynabook EX1/524CWE、Windows Xpが大々的に普及し始めた当時の製品。

Cimg3875


中古とはいえ、かなりの美品。
外観の破損は無し、少々の汚れはあったものの、アルコール入りのウェットティッシュで拭き取れば綺麗になった。
ただ内蔵のHDDは抜き取られていたので、手持ちの20GB 2.5インチHDDを取り付ける。

Cimg3877
キーボードもキーの欠損無し。
KとNキーの印刷が薄れているが、実用上は問題なし。
ただキータッチはちょっと好みに比べると、ストロークが浅く軽いかな。

さて気になるスペックは以下のとおり
Dynabookex1_524cwe_4


メモリーは512MBに換装してありました。
ちょうど10年前に販売されたPCなんですな。
Linuxの実験用としては丁度良いくらいな感じ。


さて、インストールするOSは「Lubuntu」を選択。
サイトトップの左上のリンクより「lubuntu x86 CD」をクリックしてiso(CD・DVD)イメージをダウンロードする。
700MBほどなのでCD-Rにイメージを書き込んで、インストールCDを作る
PCを光学ドライブから起動する設定にして、起動する。

インストールの手順はこちらの記事がスクリーンショット付きで解説しているので、参考までに。
インストール作業は特に迷う事もなく、だいたい小一時間ほどで終了。
指示通りにCDを取り出して再起動すると。


Lubuntudesktop

これがインストール直後のデスクトップ画面。
このまま使っても全く問題は無いけど、ちょっとばかりカスタマイズしてみますか。
先にも紹介したこちらを参照して、漢字変換をMozcに変更しデスクトップの見かけをWindows Xp風にしてみる。

Lubuntuxpdesktop
はい、完成。こちらのデスクトップは妻用にして、私はデフォルトのままのデスクトップを使いますか。

使用感としては「ややもっさり感」はあるものの、実用に耐えないというほどではなく、恐らくWindows Xpでの使い心地と変りないだろうなってところ。
メモリーを1GBまで拡張すれば、もう少し使用感は良くなると思われるものの、既に新品での入手は困難な事や、
中古で手に入れ様にもこの当時で1GBもノートPCには載せていないだろうしと。

Cimg3879

あとネットワークに関してはLAN内蔵なのでケーブルを突っ込めば、DHCP環境であれば何も設定の必要なく、ネットワークにログオンできますが、用途をリビング用にしたのでI-O DATAのUSB無線LANアダプタ WN-G300Uを使いました。
多少梃子摺るかと思いきや、USBポートに突っ込んで終わり。昔は国内メーカー物だとドライバーの設定なんかで手間を掛けさせられたもんですが...(遠い目)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

もうWindowsはいらない?(選定・導入編)

少々ネタとしては古いものの、今年(2014年)四月にMicrosft Windows Xpがサポート打ち切りとなり、まだまだ使えるはずのパソコンが、法人ユーザーを中心に大量廃棄された。
もちろん業務に使用されるパソコンだからこそ、セキュリティの管理は大切だし、業務アプリの互換性も保持しないといけないという問題もある。

では個人としてはどうか?ざっくりと言って「Windowsを使い続ける必要はあるのか?」
個人が使うアプリケーションは業務用と異なり、汎用ソフト(所謂、市販のソフト)が殆どでしょう。
それにパソコンの使い道と言っても、WEBとメールが殆どでないの?それっくらいならフリーソフトで十分なんでね?

という理由から、廃棄されたノートパソコンの入手に成功したので、フリーのOSとアプリケーションでどこまで出来るか試してみる事にした。
OSの選定はLinuxを用いる事は即座に頭に浮かんだが、ではどのディストリビューションにするか?
この十年ほどは自宅のサーバーのメンテをするくらいで、Linuxには触れていなかったので完全に浦島状態であったが、
Twitterのタイムラインに時々現れる「Ubuntu」というディストリビューションに興味が引かれた。

簡単に調べてみると、Debianのパッケージ管理システムをベースに、デスクトップユースに絞ったものらしい。
十年前はその管理システムは優れているものの、メンテナンスが追いついていないと言われていたものだが、そのメンテナンス頻度も十分に実用的な頻度で行われているようである。
実際、サーバーでLinuxを運用してきて一番の手間は、パッケージ管理(ソフトウェアのバージョンアップ)なのは身に染みている。そこの手間が省けるならかなり期待できそう。

以上の理由からUbuntuを導入する事と決定したが、これが様々な派生ディストリビューションがあって、どれを選んでよいのやらな状態。

ま、自分に合うディストリビューションを見つけるのも楽しみの一つだし、中古のノートパソコンは実験機でもあるので、楽しんでみる事にする。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

きんきょー報告

ご無沙汰しております。久しぶりの更新で。

最近は主戦場を「twitter」と「艦これ」にシフトしておりまして、ブログ更新の時間が圧迫されていrたりします。
他にも、職場の人間関係からちと病のとば口まで踏み込んでいたりとか有りまして、30年勤務した会社を退職したりと、結婚以来の身辺激動があったりしまして。

ま、この一月の間のニートな生活で体調・気力ともに戻ってきて、そろそろ再始動するべって事で、無理のない範囲で更新していく予定です。
いや、ネタは仕込んではあるんですけどね、それをテキストに起す気力が無かったというか、沸かなかったとかなんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年10月 »