« 平成二十八年 平谷村諏訪神社「式年御柱祭」 伐採・山出し編 | トップページ | アナフィラキシーショック »

2016年5月16日 (月)

平成二十八年 平谷村諏訪神社「式年御柱祭」 里曳き編

里曳きの経路は下の図の様に、国道153号線を東進したの後、旧道に入り国道418号線を北上。 153号線を渡って再び東進して村役場前より神社に至る。 空荷で歩けば正味小一時間という行程を五時間かけて曳航されます。

御柱里曳き経路図

050123_2 (画像はまつのやのつまさんからお借りしました。直リンクです)

我々は道の駅まで車で移動し、車をデポ。徒歩にて西町の休憩所まで移動し、御柱を待つ事にする

上図には描かれていないが、役場前から向町まで三州街道の旧道がありショートカットできるからだ。

道の駅から15分ほどで西町の休憩所に到着。タイムテーブルは遅れているはずなんだけど、曳航隊はまだひとつ前の新町休憩所にいるっぽい。

十五分程したところで出発したらしく、音頭をとる笛の音が聞こえてきた。

1463192169487

気配を感じて見上げてみれば、上空をUAVが舞っている。w

誰が飛ばしているんでしょうかね。ちょっと撮影された画像を見てみたいかも。

1463193921354

中町での餅(菓子)撒きの様子。ほぼ全ての休憩所で振舞いと餅撒きが行われます。

Cimg3936

向町の休憩所に到着。タイムテーブルの遅れも取り戻し、すこし前倒し気味に。 御柱はここから100m程を418号線に沿って売木村方向へ向い、折り返して153号線を渡り中平へ向かいます。

前回の御柱祭では、153号線を横断中に車両との接触事故があったそうで、一本ずつダッシュで横断。w

Dscn0767

役場前に到着。ここと次の十郎太休憩所は、道の駅に隣接している事もあり、見学客の数も多い。

|

« 平成二十八年 平谷村諏訪神社「式年御柱祭」 伐採・山出し編 | トップページ | アナフィラキシーショック »

コメント

堤よ、ここにおったんか。
ちゃんとマメに絵日記更新せんかい!!
つまらんもんばかり書きやがって。
おまえの悪事もちゃんと書かんかい、ボケ!!
堤、死ね!!!!!!!!

投稿: | 2016年6月18日 (土) 13時31分

おい、堤
悪事の数々を棚に上げて、よくもまあこんなブログを開けるもんだ。
趣味の盗みや嫌がらせもきちんと公開せんかい!!!!

投稿: | 2016年6月19日 (日) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/63640318

この記事へのトラックバック一覧です: 平成二十八年 平谷村諏訪神社「式年御柱祭」 里曳き編:

« 平成二十八年 平谷村諏訪神社「式年御柱祭」 伐採・山出し編 | トップページ | アナフィラキシーショック »