« 山小屋通信(1/9~1/11) | トップページ | 平成二十八年 平谷村諏訪神社「式年御柱祭」 里曳き編 »

2016年5月16日 (月)

平成二十八年 平谷村諏訪神社「式年御柱祭」 伐採・山出し編

寅年と申年」に開催される式年御柱祭。申年である今年も開催された。
諏訪大社の御柱祭が全国ニュースで流れているので、ご存知な方も多いと思うが、諏訪湖を水源とする天竜川水系沿いの各地にも勧請された系列社があり、それぞれでも祭りがとり行われているのです。
今回の御柱祭は前回の御柱では見学できなかった、伐採・山出しを中心に参加させて頂いた。

平谷スキー場に設けられた休憩所に0755に到着。伐採場所を尋ねるとちょうど、山へ上がる車が出るとの事で、軽トラックに便乗させて頂く事に。
Cimg3937受付ブースにて手拭を頂き、軽トラの荷台に氏子さん十名ほどと相乗りして、スキー場の上部へ。
大人が十人も乗ってりゃ完全に過積載(軽トラの積載荷重は公称350kg)なんですけどね。w
車を降りて五分ほど沢沿いを登って、伐採現場に到着。予定では0800より神事・伐採との事だが、「木遣隊」がまだ到着していないとの事で、待機との事。

1463180987170
御柱用の御用材。こちらは女木。平谷村諏訪神社で用いられる御用材は、

・長さ 4m70cm (15尺5寸)
・太さ 30cm   (1尺)

この条件を満たすものを見立て、重さは約1tになるそうだ。
ちなみにこの御用材は胸高直径で40cmほどある立派なもの。

Cimg3924
遅れていた「木遣隊」の皆さんも無事到着。
諏訪大社へ木遣を奉納する、岡谷市木遣保存会の方々。

1463182445365
宮司さんにより祝詞が奏上された後に「斧入れ」が行われる
実際の伐倒作業はチェンソーで行われるが、受け口を鉞で追入は手挽鋸と昔の手法を形だけでも踏襲している。
この「斧入れ」で出る木っ端は御神木の分身であり縁起物とされ、氏子はもとより村外からの一般参加者にも配布される。

Cimg3928
男木が無事、伐倒された。
胸高直径で40cm程なので、根本だと50cmを越えます、たぶん。



Cimg3931_2 Cimg3932_4 Cimg3933_3




払われた枝を手にした氏子さんが、わらわらと寄ってたかって皮剥きを始める。
平行して端面の面取り作業も。これは曳航時、障害物に引っ掛からない様に。
そしてあっという間(十分程)にて皮剥き終了。早ぇ~w

1463185723167曳航索を結びつけます。
索と御神木を繋いでいるのは、藤かなんかの蔓。




1463186131777男木・女木ともに曳航準備完了。
ここから一旦、沢に落として沢沿いに下ります。




1463186925709対岸の急斜面を直登する男木。
左手に巻けばもっと楽に上がるんですけど・・・
梃子衆と曳き手の息が合わないと、曳航索が切れます。
確か男木・女木ともに、四回ほど切れた。w






1463189275306里曳きの出発点、スキー場レストハウス前に到着。
一般参加の方も多く、休憩所の振る舞いは黒山の人だかり。
ちょっとお話をした感じでは、前回(六年前)に偶々参加したて方が多かった。


御柱はここから村内の各集落を巡り、諏訪神社を目指します。

 

|

« 山小屋通信(1/9~1/11) | トップページ | 平成二十八年 平谷村諏訪神社「式年御柱祭」 里曳き編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/63639938

この記事へのトラックバック一覧です: 平成二十八年 平谷村諏訪神社「式年御柱祭」 伐採・山出し編:

« 山小屋通信(1/9~1/11) | トップページ | 平成二十八年 平谷村諏訪神社「式年御柱祭」 里曳き編 »