2009年4月20日 (月)

コンポストトイレ、使用感

昨年の11月末に設置したコンポストトイレ(以下トイレと約す)の冬季から春にかけての雑感を書き留めておく。

まず、冬季に関してであるが、トイレ小屋には暖房が無いので、夜間の冷えこみでドラム内の内容物が凍結していた。これは予め予想されていた事態なので問題ではないのだが、「大」が凍りつくと積み上がってくるので要注意。この冬では凍りついていたのは僅かな期間だったので事なきを得たが、例年の冬であったなら、春まで使えなかった可能性もあった。ただし、冬季の凍結に備えて、ドラムの内容物をある程度取出したりという準備が必要な事は、取り扱い説明書に記載されているので、それを守らなかったこちらの落ち度でもある。

暖かくなった三月末、分解水が蒸発室から溢れるという騒ぎが在った。これも取り扱い説明書に「寒冷地ではドレンホースを取り付ける様に」あるのを、勝手に「大丈夫だろう」と見切り発車したこちらの落ち度。寒冷期に凍りついていた水分が、気温の上昇とともに一気に溶けて、蒸発しつに流れ込んだものと思われる。ちゃんとドレンを施工していれば何の問題も起こさなかったはず。

以上の二点は、こちらの取り扱いミスによるトラブルであり、製品の問題では無く、むしろこれだけ取説を無視した使い方をしても、大事なく使えているのだから、フールプルーフ性は高いとも言えるだろう。


さて、ここからが本題。暖かくなってくるに従って、気になるのは「臭気」の問題だ。発売元では「臭気の発生は無い」と説明しているが、私の考えは「し尿の刺激臭は発生せすとも、なんらかの臭気は発生する」と考えていた。理由は簡単で、バクテリアによる有機質の分解行程では、発酵時になんらかの臭気は発生するからだ。例えば澱粉質が醗酵の過程においては、甘酸っぱいアルコール臭を発する。要はその「臭い」が不快であるか如何かの問題だからだ。
で、結論から言うと、四月に入って気温が急上昇して、バクテリアの活動が活発になって来たせいか、用を足している時に仄かな臭いを感じる様になった。もっとも不快な匂いでは無く、落ち葉を良く醗酵させた堆肥の、ちょっと甘めな香りとでも言おうか。ドラム内のコンポストは見た目から判断するに、スタート時に比べて水分がちょっと多目に感じるものの、嫌気性バクテリアが活動するほどでもなく、一日一回のドラム撹拌を行えば十分に好気性バクテリアが活動できる程度であろう。更に山小屋のある地域では、これから気温が上昇するにつれて、相対湿度もそれに沿って低下してくるので、ほどなく適正値に落ち着くものと思われる。
ま、追いつかない様だったら、薪作りで出たチェンソーの大鋸屑が山の様にあるので、それを投入すりゃ良いだけの事だ。

後、試しに放り込んでおいたトイレットペーパーだけど、これは原形を留めたままに存在している。見た目では乾いた状態を保っているので、トイレットペーパーを分解するには水分が足りないのかなと、推測している。ま、使用済みペーパーはごみ箱に集めて、撤収時に焼却しているので問題はないのだけどね。
以前に屋外放置したペーパーがどういう風に分解されるかを、暴露試験した事があるのだが、まずは雨水で叩かれて繊維が分断され、ある程度まで細切れになってから分解されていって、完全に消えるまで三ヶ月程度を要していた。この事から、異臭を発生させない為には、コンポストの水分量は低め(乾燥気味)に管理したいコンポストトイレでは、ペーパーは焼却した方が良いと思われる。


人気ブログランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)