2016年7月26日 (火)

アナフィラキシーショック

まさかね、自分が経験するとは思わなかった。

もともと、蕎麦アレルギー持ちなので、食事には気をつけていたんだけど、虫は蜂以外はノーマークだった。
事は土曜日の午後の事、新野でラベンダー摘みをしていた時。
株の下から伸びた花茎を揃えて刈り取ろうとした瞬間に、両手の親指に蜂に刺された様な激痛が走った。
思わず「くそ!刺された」と口から漏れたものの、親指に目をやると体長3cm程の見たこともない虫が親指に噛み付いてやがる。
思わず払い落として傷口をチェックするが、まぁちょっとした出血程度なので、大した事無かろうと作業を再開したのだが。
激痛が走ってから五分ほどだろうか、全身に倦怠感を感じると共に、頭がぼ~っとしてくる。そうこうするうちに視野狭窄が始まり「こりゃ、やべぇ」とその場に座り込んで、転倒しないような姿勢をとった。
視野狭窄は程なく収まったが、全身の倦怠感は酷くなる一方。
そうこうするうちに、両腕に蕁麻疹が現れる。
ここでアナフィラキシーショックを起こしたことを悟った。

病院へ救急搬送されて、処置後に入院決定。それでも一泊程度で放免かと考えていたが、事態は自分が考えていた以上に深刻だった模様で。
輸液の点滴は終日、ステロイド系の点滴も翌日一杯続いた。
この間、食事は一切禁止(まぁ、食欲も無かったが)で、水かお茶しか摂取できず。
それでも日曜日の午後には落ち着いてきて、夕方には食事も許可されたものの、投薬量が半端無かったとの事で、副反応を押さえる為の投薬とその経過観察とで更に二泊。

いやぁ~、まじにエライ目に合いました。
で、私をこんな目に合わせた犯人はと、入院中の暇にあかせて調べましたわ。
確定はできなかったんだけど、もう十中八九此奴しかいねぇってとこまで絞込ましてな。
「オオトビサシガメ」っつう、カメムシの仲間。体長・体型はほぼ一致、体色だけが合致しねぇんだけど、こいつに噛まれると「蜂に刺された様な鋭い痛み」とか、もう体色以外は完全に一致。
ただ、アナフィラキシーショックを引き起こす様なケースは、無いみたいではある。
でも、こっちの体調(やや、脱水気味だった)もあるし、もしかすると二箇所同時に噛まれた事も一因かもしれない。

「エピペン」に関して
食物アレルギーでのアナフィラキシーショック事故で、度々論議される「エピペン」について、担当医師と薬剤師に質問をしてみた。
「エピペン」は一種のカンフル剤であって(アドレナリンが主成分なんだそう)、アナフィラキシーショックを押さえるものでない。
ショック症状で急降下した血圧を一時的に確保するもでしか無いので、必ず救急搬送までの時間稼ぎでしかない(それでも救命率に大きく影響する)。

薬剤師からは練習用のカートリッジで実際に体験させて貰ったんだけど、確かに使い方は簡単なんだけど、事前に演習してないとまぁ躊躇うような代物でして、アレルギーと無縁な人ではまぁ、びびるわなと。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

平成二十八年 平谷村諏訪神社「式年御柱祭」 里曳き編

里曳きの経路は下の図の様に、国道153号線を東進したの後、旧道に入り国道418号線を北上。 153号線を渡って再び東進して村役場前より神社に至る。 空荷で歩けば正味小一時間という行程を五時間かけて曳航されます。

御柱里曳き経路図

050123_2 (画像はまつのやのつまさんからお借りしました。直リンクです)

我々は道の駅まで車で移動し、車をデポ。徒歩にて西町の休憩所まで移動し、御柱を待つ事にする

上図には描かれていないが、役場前から向町まで三州街道の旧道がありショートカットできるからだ。

道の駅から15分ほどで西町の休憩所に到着。タイムテーブルは遅れているはずなんだけど、曳航隊はまだひとつ前の新町休憩所にいるっぽい。

十五分程したところで出発したらしく、音頭をとる笛の音が聞こえてきた。

1463192169487

気配を感じて見上げてみれば、上空をUAVが舞っている。w

誰が飛ばしているんでしょうかね。ちょっと撮影された画像を見てみたいかも。

1463193921354

中町での餅(菓子)撒きの様子。ほぼ全ての休憩所で振舞いと餅撒きが行われます。

Cimg3936

向町の休憩所に到着。タイムテーブルの遅れも取り戻し、すこし前倒し気味に。 御柱はここから100m程を418号線に沿って売木村方向へ向い、折り返して153号線を渡り中平へ向かいます。

前回の御柱祭では、153号線を横断中に車両との接触事故があったそうで、一本ずつダッシュで横断。w

Dscn0767

役場前に到着。ここと次の十郎太休憩所は、道の駅に隣接している事もあり、見学客の数も多い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

平成二十八年 平谷村諏訪神社「式年御柱祭」 伐採・山出し編

寅年と申年」に開催される式年御柱祭。申年である今年も開催された。
諏訪大社の御柱祭が全国ニュースで流れているので、ご存知な方も多いと思うが、諏訪湖を水源とする天竜川水系沿いの各地にも勧請された系列社があり、それぞれでも祭りがとり行われているのです。
今回の御柱祭は前回の御柱では見学できなかった、伐採・山出しを中心に参加させて頂いた。

平谷スキー場に設けられた休憩所に0755に到着。伐採場所を尋ねるとちょうど、山へ上がる車が出るとの事で、軽トラックに便乗させて頂く事に。
Cimg3937受付ブースにて手拭を頂き、軽トラの荷台に氏子さん十名ほどと相乗りして、スキー場の上部へ。
大人が十人も乗ってりゃ完全に過積載(軽トラの積載荷重は公称350kg)なんですけどね。w
車を降りて五分ほど沢沿いを登って、伐採現場に到着。予定では0800より神事・伐採との事だが、「木遣隊」がまだ到着していないとの事で、待機との事。

1463180987170
御柱用の御用材。こちらは女木。平谷村諏訪神社で用いられる御用材は、

・長さ 4m70cm (15尺5寸)
・太さ 30cm   (1尺)

この条件を満たすものを見立て、重さは約1tになるそうだ。
ちなみにこの御用材は胸高直径で40cmほどある立派なもの。

Cimg3924
遅れていた「木遣隊」の皆さんも無事到着。
諏訪大社へ木遣を奉納する、岡谷市木遣保存会の方々。

1463182445365
宮司さんにより祝詞が奏上された後に「斧入れ」が行われる
実際の伐倒作業はチェンソーで行われるが、受け口を鉞で追入は手挽鋸と昔の手法を形だけでも踏襲している。
この「斧入れ」で出る木っ端は御神木の分身であり縁起物とされ、氏子はもとより村外からの一般参加者にも配布される。

Cimg3928
男木が無事、伐倒された。
胸高直径で40cm程なので、根本だと50cmを越えます、たぶん。



Cimg3931_2 Cimg3932_4 Cimg3933_3




払われた枝を手にした氏子さんが、わらわらと寄ってたかって皮剥きを始める。
平行して端面の面取り作業も。これは曳航時、障害物に引っ掛からない様に。
そしてあっという間(十分程)にて皮剥き終了。早ぇ~w

1463185723167曳航索を結びつけます。
索と御神木を繋いでいるのは、藤かなんかの蔓。




1463186131777男木・女木ともに曳航準備完了。
ここから一旦、沢に落として沢沿いに下ります。




1463186925709対岸の急斜面を直登する男木。
左手に巻けばもっと楽に上がるんですけど・・・
梃子衆と曳き手の息が合わないと、曳航索が切れます。
確か男木・女木ともに、四回ほど切れた。w






1463189275306里曳きの出発点、スキー場レストハウス前に到着。
一般参加の方も多く、休憩所の振る舞いは黒山の人だかり。
ちょっとお話をした感じでは、前回(六年前)に偶々参加したて方が多かった。


御柱はここから村内の各集落を巡り、諏訪神社を目指します。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月12日 (火)

山小屋通信(1/9~1/11)

寒気の南下が弱く、冷え込みはせいぜいが氷点下5度前後と暖かい冬。土曜日の夕方には雪がちらつくものの、積もることは無し。
ただ、積雪が無いせいか地表の冷え込みが強く、朝方の体感気温は平年より強く感じる。ただ、積雪が無いことで作業は捗るのが有り難い。積雪があるとまずは除雪から始めないといけないからねぇ。

で、この三日間は薪づくりに専念。昨年秋に集めてきた原木を玉切り・薪割りを繰り返す。一昨年秋の原木収集が不発だったせいで、今季は昨年分の在庫で賄っている始末。
まぁ、一昨年2月の大雪で甚大な被害を被った電力会社が予算措置して、支障木の伐採を進めているので、原木の収集そのものはなんとかなっているけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

昨年はなんとなしに記事更新せず、放置状態でしたがぼちぼちと投稿を再開しております。
で、今年の山小屋での年越しですが妻から「久しぶりに積雪のない年越しだよね」と言われまして、気になって過去ログを漁ってみたところ、直近では2012末から2013への年越しが「積雪無し」の年越しでして、決して「久しぶり」では無いのですねぇ。
ただ、年明けに積雪する降雪があり妻はその記憶しか残ってないというのも有るのでしょうね。

過去ログを読み返して気がついたのは、「年内に根雪となる降雪」があった年の方が実は少なくて、ほとんどが「年末・年始か、年明け二週目」頃の積雪が根雪になっている事が多い。
まぁ考えてみれば当たり前で、5cmくらいまでの積雪なら数日の晴天が続いた時点で、日陰を除けば大概の積雪は溶けちゃうんですよね。
ただこの「5cm程度の積雪」が曲者で、何か作業を行おうとした際の障害になるので、事前に雪かきしなきゃならない、この労働の記憶が強く記憶に残ってしまって、「積雪のない年越しは久しぶり」な認識になるのでしょう。

とはいえ、今冬はこれまで近年稀に見る暖かさというのも事実で、12月下旬まで地面が凍らないのは久しぶりです。積雪が無い年でも霜柱は11月下旬には立ってましたからねぇ。
寒さはこれからが本番、さてどうなりますやら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月17日 (水)

山小屋通信(12/14)

昨日から降り続く雪は、きょうも止む気配を見せずに降り続く。
もうね、やること無くて小屋の中に引きこもるしか無い。
選挙でもあることだし、早めに撤収。

投票を済まし直近のポータルを落とそうとしたけど、GPSの測位がタコったので断念。w
スマフォを再起動すりゃ良かったのだろうけど、まぁ良いか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

山小屋通信(12/7)

寒波襲来で昨日は自宅付近も、朝から霙混じりの雨。
稲武から平谷までは雪、路面にもうっすらと積もっているという状況。
まぁ、スタッドレスへの履き替えもなんとか間に合って良かった。

今朝は昨日の雪が嘘のように晴れ渡り、とぉ~っても良い天気。
つう事で、Ingressのポータルを攻略がてら、ぷち雪山登山。
本当は山頂までクルマで上がるつもりだったものの、軽トラの車高では吹き溜まりで亀の子になる危険があり、
山頂直下のゲートまでクルマであがり、残り2kmを徒歩行軍。

Cimg3913

轍があった事もあり、雪道ながら2kmを30分でクリアとは割りと良い成績かも。
で、この山頂ではこのように「樹氷」が観察できる。
蔵王みたいな「モンスター」クラスは無理だけど、木樹に雪が氷となって付着する樹氷。
麓でも1月末から2月の厳冬期には、運が良ければ「ダイヤモンドダスト」を見ることができる。
20年程前だと、ダイヤモンドダストの出現率はかなり高くて、普通に見られたんだけど最近は明け方限定に近いのよね。
それでも運が良ければ0900頃でも見られる事があります。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土)

山小屋通信(12/5)

朝から自宅でも霙混じりの雨。山小屋付近では一昨日から降雪ありの情報。
国道153線のライブカムでは、路面の積雪は無いようだが、路肩には積雪があるなぁ。

自宅を1400頃に出発。
長久手市に入るともう、「雨まじりの霙」になる。
そして国道153線は伊勢神トンネルを越えると雪。
橋梁にはうっすらと積雪してるし。
まぁ、タイヤはちゃんとスタッドレスに替えてあるから、慌てる事は無いけど。

山小屋付近は5cmほどの積雪。
これなら高値には上がれそうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

山小屋通信(11/24)

1416719000404

Ingressのユニークポータル狙いでプチ登山。
距離としては散歩のレベルだが、標高差は200mくらい有るかな?


1416796741378

山頂からの眺め。
実は昨日も登った。
なぜ、再訪問なのか?
四回もハックしたのに、ポータルキーがドロップしなかったから。Orz

しかし天気が下り坂なので、もやってしまっているのが残念。
昨日の方が空気も澄んでいて、眺めも良かったんだけどね。
時間が押していた事もあって、写真を撮る余裕が無かった。
スマフォのバッテリー残量も微妙だったし。


1416796816120

山頂にある二等三角点。
表面がかなり綺麗なんだけど、最近になって設置し直されたのかな?

1416797793857

登山道の脇、あちこちのリョウブに見られる皮剥の跡。
シカかカモシカのしわざだね。


ここのところ、天候不順に加え、Ingressにかまけていたので、山小屋での作業が進んでいない。
薪も原木だけは集まっているけど、薪割りせんとなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

山小屋通信(11/2)

この「文化の日」の連休にしては珍しく悪天候。
金曜夜半からの降雨で、外作業は軒並み予定が狂い、Ingressに興じるのみ。

1414297174111

それでも、盛の紅葉が目を楽しませてくれる。
天気が良ければ、もっと鮮やかな色合いなんだけどなぁ。

201411021

201411022

Ingressのプレイ中に見つけた風景。
おそらくIngressをプレイしていなかったら、出会うこともなかっただろうな。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧